カワサキテクノロジー

カワサキ車が採用するさまざまなテクノロジーを解説・インプレッション。

カワサキのクルーズコントロールシステムをNinja H2 SX SE+で検証
クルーズコントロールを使うと高速道路を長時間移動する時の肉体&精神的な疲労をかなり抑えることができる。また気付かぬうちに速度超過してしまうことを防止できるというメリットも

ページを共有

ヨシムラ

クルマの世界では数多く採用されているクルーズコントロールだが、バイクにはまだ一部のモデルにしか搭載されていない。はたしてクルーズコントロールシステムとバイクの相性はよいのだろうか。Ninja H2 SX SE+で検証してみた。

使わなければ分からない超お役立ちシステム

スロットルを操作しなくても一定のスピードで走り続けられる、クルーズコントロールを装備しているバイクはあまり多くない。しかし、この効果は絶大で、実際に使ってみた感想は「これはメチャクチャ便利で有効だ!」というもの。長時間走っていても右手がまったく疲れないというのは大きい。当たり前のように操作しているので気付きにくいが、スロットル開度を一定にたもち続けるというのは意外と右手に負担をかけている。それを実感したのはクルーズコントロールを体験したから。不思議なことに腕がラクになると同時に気持ちにもゆとりが生まれる。ロングツーリングでは肉体的のみならず精神的な疲労まで大幅に軽減してくれるシステムだ。

試乗モデル/2020年モデル Ninja H2 SX SE+
2020年モデル NInja H2 SX SE+
200㎰を発揮するスーパーチャージドエンジンの性能を、ツーリングユースで十分に発揮させるため、数多くの電子制御システムが搭載されている。カワサキが誇る高い技術力が総動員されたマシンで、先進の電子制御システムを体感した
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
横田 和彦

1968年6月生まれ。16歳で原付免許を取得。その後中型、限定解除へと進み50ccからリッターバイクまで数多く乗り継ぐ。現在もプライベートで街乗りやツーリングのほか、サーキット走行、草レース参戦を楽しんでいる。




人気記事





カワサキイチバン