カワサキテクノロジー

カワサキ車が採用するさまざまなテクノロジーを解説・インプレッション。

大きく分けて2種類存在するカワサキの電子制御スロットル。その違いとは?

ページを共有

ヨシムラ

クルマでは一般的となっている電子制御スロットル。2000年代後半から市販バイクにも徐々に採用され始め、カワサキは2019年に市販車に初採用する。フライ・バイ・ワイヤ、ライド・バイ・ワイヤとも呼ばれる電子制御システムだ。

カワサキ初となる電子制御スロットル

電気的にスロットルバルブを作動させるシステムは、大きく分けて2種類存在する。一つはスロットルワイヤーを介した電子制御スロットルバルブシステムで、このシステムはNinja ZX-10RやNinja H2 SXなどに採用されている。もう一つはスロットル自体にスロットルポジションセンサーを配置して、スロットル操作の情報を電気信号として送信し、スロットルバルブを作動させる電子制御スロットルだ。カワサキの量産車では、VERSYS 1000 SEに初採用されている。

今回はVERSYS 1000 SEとNinja ZX-10R、それぞれのスロットルレスポンスを試したが、スロットルバルブ開閉システムの差というより、この2車種のスロットルレスポンスの差を試したと言ったほうがいい。

滑らかな反応が巨体操作に有効

VERSYS 1000 SEのスロットルレスポンスは非常になめらか。これが第一印象だ。なめらかなのだが非力感はなく、スロットル操作に対してエンジンがシッカリと反応する。このVERSYS 1000 SEのレスポンスは、カワサキ車のなかでもっともなめらかに感じた。

VERSYS 1000 SEと似たスロットルレスポンスを持つモデルがNinja ZX-14Rだ。ただ、Ninja ZX-14Rは低回転域ではなめらかなスロットルレスポンスなものの、加速力を重視したモデルのためか、6,000rpm以上でダイレクト感がかなり強くなる。対してVERSYS 1000 SEは、レッドゾーンまでシルキーなスロットルレスポンスが続く。

2020年モデル Ninja ZX-14R HIGH GRADE

しかも、ここまで述べた性能はフルパワーモード(F)での話。VERSYS 1000 SEにはパワーモードが装備されていて、Fとローパワーモード(L)が選択できる。FとLのスロットルレスポンスの違いは、LのほうがFより全回転域でエンジンの反応が柔らかい点だ。ここで、ふと冷静になってみると、ある疑問が生じる。Fを選択してもタイトなワイディングはもちろんのこと、市街地の渋滞路でも、ほとんどギクシャクしないのだから、Lの存在価値はあるのだろうか。Lが選択できるのだから、Fのスロットルレスポンスはもう少しピーキーな特性でもいいのではないだろうか。それほどFのスロットルレスポンスのなめらかさが際立つのだ。

Ninja ZX-10Rに関して、劇的にスロットルレスポンスが変わった型式が2016年式だ。2015年式が別モノと思えるくらい、スロットルレスポンスがマイルドになっている。その性能が現行モデルにも継続されているのだ。ただ、VERSYS 1000 SEに比べるとダイレクト感があり、仮にスロットル全閉を“0”、スロットルオンを“1”とすると、ZX-10Rが“0.5”、VERSYS 1000SEは“0.25”、“0.5”、“0.75”が存在するイメージだ。

Ninja H2のようなスロットルレスポンスがピーキーなモデルもあるが、ビッグバイクでありながら、ここで述べたようなライダーになじむスロットルレスポンスは、今のカワサキの傾向といえる。

2タイプあるカワサキの電子制御スロットル

VERSYS 1000 SE
スロットルポジションセンサーを装備したVERSYS 1000 SE
カワサキで初めてスロットルにスロットルポジションセンサーを装備したVERSYS 1000 SE。スロットル内側に装備したコードから、スロットル操作情報を送信する
Ninja ZX-10R
Ninja ZX-10Rはスロットルモーターを作動させるタイプ
VERSYS 1000 SE同様にスロットルバルブを電気的に作動させるのだが、こちらはスロットルケーブルを介して、スロットルモーターを作動させるタイプ
試乗モデル/2020年モデル VERSYS 1000 SE
2020年モデル VERSYS 1000 SE
2019年に発売開始されたVERSYS 1000 SE。電子制御スロットルの他、電子制御サスペンションといった最先端の電子制御機能を装備している。それゆえ、車格は大きいが非常にコントロールしやすい
試乗モデル/2020年モデル Ninja ZX-10R KRT EDITION
2020年モデル Ninja ZX-10R KRT EDITION
現在では、“扱いやすく乗りやすいモデルがレースで勝てるバイク”という理念のもと開発されている。そのため、スロットルレスポンスを含めたエンジンから車体までコンロトールしやすいモデルとなっている
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン