カワサキテクノロジー

カワサキ車が採用するさまざまなテクノロジーを解説・インプレッション。

ブレンボ製OEMマスターシリンダーをインプレッション。純正品の域を超えたハイパフォーマンス

ページを共有

ヨシムラ

“車体セッティングの第一人者”こと、戸田 隆氏の守備範囲は広大。当然、ブレーキにも造詣が深く、そのこだわりはハンパではない。その戸田氏が、2020年モデル Ninja ZX-10Rに純正装着されるブレンボ製マスターシリンダーをインプレッションする。

抜群のコントロール性とダイレクトな操作感

レーシングライダーにとって、ブレーキングは勝負どころ、神経質になるのは当然で、誰もがこだわりを持つ部分だ。だが、その中でも戸田氏のブレーキに対する要求は大きい。ブレーキのタッチを追求するため、自らの手でブレーキレバーを削って、形を整えたという経験もあるという。

その戸田氏が、Ninja ZX-10Rで走り終えての感想はというと
「このマスターシリンダーいいなあ。ノーマルですよね? 驚きました」
と、このとおりである。

「ブレンボのラジアルポンプですから、単体での性能は悪くないはずだと考えてはいました。ですが、Ninja ZX-10RはABS装着車です。その点が気になっていました。マスターシリンダーとブレーキキャリパーの間にABSユニットが入ると、ブレーキのフィーリングが曖昧になることが多いんです。Ninja ZX-10RのABSは電子制御式で、ABSユニットの介入の仕方も複雑でしょうし、試乗前はあまり期待できないと考えていました。ですが、実際はダイレクト感があって、ABSレスのようにコントロールできました」

具体的にどの部分が気に入ったのだろうか。

「自分はストローク感のあるマスターシリンダーが好きなんです。レバーのストローク量がしっかりとられ、にぎり始めからフルブレーキまで、しっかりとコントロールできることが必要です。このマスターシリンダーは、ストローク感がちょうどいい。
レバーをにぎりこんでいくと急に制動力が立ち上がるマスターシリンダーがありますが、それではブレーキ性能として都合が悪い。その点、Ninja ZX-10Rのマスターシリンダーは、制動力の立ち上がり方がリニアでコントロールしやすい。コントロール性というと、ブレーキをかける時のことばかり気が向きますが、リリースする時も重要なんです。ブレーキを緩める時に、イメージどおりに制動力が抜けるのが理想です。その点でも、かなりレベルが高いですね。
ブレーキはシステム全体で評価すべきで、パーツ単体で語るものではないと考えています。その点を考慮しても、高性能なマスターシリンダーと言って差し支えないでしょう」

ブレンボ製OEMマスターシリンダーをインプレッション。純正品の域を超えたハイパフォーマンス
Ninja ZX-10Rのブレンボ製マスターシリンダーは、ハンドルバーに対しシリンダーの角度がわずかに傾けられているタイプ。Ninja ZX-10RR、Ninja ZX-10R SEにも、同じパーツが装着されている
試乗モデル/2020 Ninja ZX-10R KRT EDITION
2020 Ninja ZX-10R KRT EDITION
Ninja ZX-10Rは、2016年モデルから現在のブレンボ製ブレーキシステムを継続して採用。ラジアルポンプタイプのマスターシリンダーも基本的に変更はない。フロントブレーキはキャリパーとローターもブレンボ製
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
淺倉 恵介

フリーランスライター&エディター




人気記事





カワサキイチバン