レーシングマシン紹介

カワサキ歴代のレーシングマシンを紹介。レーサー独自の機能美溢れる佇まいから垣間見える、技術者たちの魂の結晶を特とご覧あれ!

MotoGPマシン 2003 ZX-RR

ページを共有

PR ヨシムラ

新時代を託された異形のワークスマシン

2002年MotoGPのパシフィックGP(ツインリンクもてぎ)で始めてその姿を見せたZX-RR。この車両は2003年初期のものである。並列4気筒エンジンをツインスパーフレームに搭載するというオーソドックスな方式ながら、直線的で航空機をも思わせるそのデザインは、いかにもカワサキ的といえる。2003年後期には改良される。

MotoGPマシン 2003 ZX-RR
独特なカウル形状が際立つサイドビュー。とくにテールカウルの大きさは誰もが驚くものだった。特異なルックスながらも、フレームやスイングアームの形状はいたってオーソドックスな印象である
MotoGPマシン 2003 ZX-RR
MotoGPマシン 2003 ZX-RR

ナックルカウルは後のモデルと比べると、大きくせり出した印象だ。テールカウルは、まるで箱のような独特な形状となっている

MotoGPマシン 2003 ZX-RR
タンク前端部のえぐられた箇所は、ライダーが伏せた際にアゴを置くスペースだ。えぐりが非常に大きい印象で、乗車姿勢に対してタンクの位置が上すぎたのかもしれない
MotoGPマシン 2003 ZX-RR
スロットルホルダーはマグネシウム製となっている。ブレーキユニットはブレンボを使用。カウルには柳川選手のステッカーが
MotoGPマシン 2003 ZX-RR
大型のテールカウルの下にはサイレンサーがレイアウトされている。この当時はセンターアップタイプだったが、同年後期モデルからは右サイド出しに変更されている
MotoGPマシン 2003 ZX-RR
サスペンションはオーリンズで、フォークボトムはマグネシウム製と思われる。ブレーキディスクはカーボンだ。ホイールはJBパワー・マグ鍛が採用された
MotoGPマシン 2003 ZX-RR
ピギーバックタイプのオーリンズ。タンクの角度や、タンクに取り付けられたアジャスターから察するに、ギリギリのスペースで開発されたのだろう
MotoGPマシン 2003 ZX-RR
スタイリングこそ際立ったものとなっているが、エンジン形式やフレーム形状は、実績のある方式を採用。挑戦的な手法を避け、いちはやく結果を求めていたのだろう
MotoGPマシン 2003 ZX-RR
現代のMotoGPマシンと比べると、やや頼りない印象さえも受けるスイングアーム。センターアップのマフラーがピボットの後部を通過しているのがわかる
2002 ZX-RR
2003年から開始するフル参戦に向け、カワサキは2002年の全日本選手権にプロトタイプのZX‐RRでスポット参戦。ライダーは柳川明選手
MotoGPマシン 2003 ZX-RR(後期)
2003年のZX-RRはシーズン後半に仕様変更されている。特徴的なテールカウルはスリムなものとなり、エキゾーストも右サイド出しに変更された

夏目健司

愛知県名古屋市在住のカメラマン兼ライター。バイク、クルマ雑誌の取材を中心に活動中。趣味はバイクやアウトドア。毎年夏にはバイクのキャンプツーリングを楽しんでいる。ケッコン歴無しのアラフィフ男目線(?)で多様なテーマに挑戦中。1971年生まれ。
http://natsuken.cocolog-nifty.com/blog/




人気記事





カワサキイチバン