レーシングマシン紹介

カワサキ歴代のレーシングマシンを紹介。レーサー独自の機能美溢れる佇まいから垣間見える、技術者たちの魂の結晶を特とご覧あれ!

KX250SR(2001)

ページを共有

PR ヨシムラ

AMAはアメリカ国内選手権のことだが、国内とはいえそのレベルは計り知れず、世界チャンピオンでさえアメリカで勝つことは難しい。そんな世界最高峰ともいえるAMAシリーズを制したのが、このKX250SRなのだ。

2001 AMAスーパークロス AMAナショナル チャンピオンマシン

KX250SR(2001)
1989年より採用したペリメターフレームは、10年以上経てもそのスタイルに大きな変化は見られない。それほど初代フレームの完成度は高かったのだ

かつて2ストロークのモトクロッサーが国内外で激戦を繰り広げていたころ、ライムグリーンをまとったカワサキのモトクロッサーKXは、そのパフォーマンスと先進性でつねにライバルに後塵を浴びせてきた。速さをとことん追い求めた開発陣の姿勢は、2001年、AMAモトクロス選手権250ccクラス完全制覇という結果に結実した。

時代を常にけん引するKXと呼ばれるバイク

モトクロッサーのフレームは長らく、太いバックボーンから垂れ下がったパイプでエンジンを支えるセミダブルクレードルが主流だった。しかし足まわりの進化にともない、フレームの高剛性化が求められるようになると、カワサキはこれまでの常識を覆すフレーム形状の開発に着手する。1989年より全日本モトクロスの実戦に投入されたKX250SR、125SRには、ペリメターと呼ばれるニューフレームが採用されていた。エースライダーの岡部篤史選手はニューフレームのデビューイヤーでさっそく250クラスのタイトルを獲得し、そのポテンシャルは実戦の現場で実証されたのである。

国際A級250cc KX250SR(1989)/新型フレームでチャンピオンを勝ち取った

10年以上の時を経て、フレームをはじめ各部の熟成を継続したKXシリーズのポテンシャルは、あらためて世界を驚かせた。世界最高峰の実力者が参戦していたAMAスーパークロスでは、ヤマハのジェレミー・マクグラスが圧倒的な速さを見せていた。しかし2001年、KX250SRとリッキー・カーマイケルは全16レース中14勝という驚くべき結果でジェレミー・マクグラスを王座から引きずり下ろした。リッキー・カーマイケルは続くAMAモトクロスシリーズでも圧倒的な速さを見せ、AMAシリーズを完全に制覇する。

この後まもなく、モトクロッサーは4ストローク時代へと突入する。リッキー・カーマイケルの生涯ナンバーである#4をつけたKX250SRは、2ストロークモトクロッサーの究極形ともいえる。

KX250SR(2001) エンジン
水冷2ストローク250ccエンジンは、最高出力57psオーバーを発揮する。高出力をねらいつつ、中低速も確保する3ウェイKIPSを装備
KX250SR(2001) チャンバー
チャンバーはカワサキのモトクロス活動と縁が深いプロサーキット製。カワサキは同社に軽量クラスのチーム運営も要請している
KX250SR(2001) リヤショックボトムリンク
リヤショックのボトムリンク部。レバーのコンロッドは、その質感から判断するとおそらく削り出しのワンオフと思われる
KX250SR(2001) リヤショックガス室
メインフレームの右側にリヤショックのガス室が顔をのぞかせる。減衰調整スクリューはわかりやすいよう色分けされている
KX250SR(2001) フロントブレーキキャリパー
キャリパーはニッシン製で、マグネシウム製と考えられる。ブレーキラインやフォークのボトムはカーボン製カバーでガードされる
KX250SR(2001) フロントフォーク
倒立タイプのフロントフォークはカヤバ製を使用する。インナーチューブには表面コーティングが見て取れる
夏目健司

愛知県名古屋市在住のカメラマン兼ライター。バイク、クルマ雑誌の取材を中心に活動中。趣味はバイクやアウトドア。毎年夏にはバイクのキャンプツーリングを楽しんでいる。ケッコン歴無しのアラフィフ男目線(?)で多様なテーマに挑戦中。1971年生まれ。
http://natsuken.cocolog-nifty.com/blog/




人気記事





カワサキイチバン