レーシングマシン紹介

カワサキ歴代のレーシングマシンを紹介。レーサー独自の機能美溢れる佇まいから垣間見える、技術者たちの魂の結晶を特とご覧あれ!

WGP KR500(1982)

ページを共有

PR ヨシムラ

2ストロークスクエア4エンジンを搭載したカワサキのGPレーサー、KR500。1980年に登場するも、その道のりはあまりにも厳しかった。1983年からWGPを休止したカワサキが再びGPに戻るのは20年後だった。

戦闘力のあるエンジンを先進的な車体に搭載する

タンデムツインのKR250/350で成功を収めたカワサキは、1980年からWGPの最高峰である500㏄クラスに打って出る。エンジンは250や350で実績のあるタンデムツインを横に2個並べたレイアウトのスクエア4を採用。4つのシリンダーが四角にレイアウトされるエンジンとした。そのエンジンを搭載する車体にはダブルクレードルといったオーソドックスなタイプではなく、モノコックタイプが採用された。

こうして誕生したKR500は、苦戦しつつも改良を重ね、少しずつ速さを増していった。参戦2年目には3位表彰台を獲得し、トップ争いにもからむ快走も見せている。

前年までの活躍もあり、1982年はKR500の初優勝が現実味を帯びたシーズンだった。だがカワサキは、それまでとは大きく異なるマシンを投入する。エンジンこそスクエア4レイアウトを踏襲していたが、フレームはモノコックからバックボーンタイプへと変わっていた。外観こそ前年度までの仕様を熟成したイメージとなっているものの、その特性は当然ながら大きく変化してしまい、それまでに蓄積したノウハウはほとんど使えなくなってしまった。前年に見せた速さは失われ、優勝はおろか、シーズンを通して表彰台に上ることさえもできなかった。そして1983年からカワサキはWGP参戦を休止する。そしてKRとともに長年グランプリを戦ったコーク・バリントンは、このシーズンを最後にグランプリから身を引いている。

WGP KR500(1982)
WGP KR500(1982)
前年度までのモデルと異なり、この1982年式はフレームが一新され、外装の形状も大幅に変化した。カラーリングは前年度を踏襲している

WGP KR500(1982)
WGP KR500(1982)
スクエア4エンジンのメリットは前面投影面積の減少だ。上側チャンバーは左右に大きく広がっていて、レイアウトの苦労がうかがえる

WGP KR500(1982) トップブリッジ
WGP KR500(1982) スクリーン
ウイング形状のトップブリッジは、溶接ビードから推察すると中空構造だろう。アンダーブラケットも同様に中空と思われる

WGP KR500(1982) バックボーンフレーム
それまでのタンク一体式モノコックから、1982年式はバックボーンタイプのフレームに変更される。フレームにはサブタンクも設けられた
WGP KR500(1982) スイングアーム
WGP KR500(1982) スイングアーム
現代のマシンと比べると、スイングアームのか細さには驚くほかない。なお、チェーン調整はエキセントリック式を採用している

夏目健司

愛知県名古屋市在住のカメラマン兼ライター。バイク、クルマ雑誌の取材を中心に活動中。趣味はバイクやアウトドア。毎年夏にはバイクのキャンプツーリングを楽しんでいる。ケッコン歴無しのアラフィフ男目線(?)で多様なテーマに挑戦中。1971年生まれ。
http://natsuken.cocolog-nifty.com/blog/




人気記事





カワサキイチバン