レーシングマシン紹介

カワサキ歴代のレーシングマシンを紹介。レーサー独自の機能美溢れる佇まいから垣間見える、技術者たちの魂の結晶を特とご覧あれ!

EWC:Ninja ZX-10RR(2020)

ページを共有

ヨシムラ

2020年の鈴鹿8耐にカワサキレーシングチームが参戦を表明。その参戦マシンであるNinja ZX-10RRのテスト車両をレポートする。

性能の高さを秘めるカワサキSSの旗艦

2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下、鈴鹿8耐)で、カワサキレーシングチーム(以下、KRT)は26年ぶりの優勝をはたした。そして2020年の3月末には鈴鹿8耐にKRTとして再び参戦することが発表され、カワサキとしては初の鈴鹿8耐連覇を狙う。その鈴鹿8耐テスト車両を撮影する機会に恵まれたので紹介しよう。

例年、鈴鹿8耐開催前に、舞台となる鈴鹿サーキットで合同公開テストや、チームそれぞれでプライベートテストが数回行なわれる。このNinja ZX-10RRはKRTの鈴鹿8耐テスト車である。

未塗装でカーボン地のままのカウルはスーパーバイク世界選手権のウインターテスト仕様を彷彿とさせる。この鈴鹿8耐テスト車を見る限り、昨年の鈴鹿8耐で優勝したマシンから大きな変更点はないように思われる。その理由は、昨今の市販車を改造して争われるレースでは改造範囲が厳しく制限されているため、外観が大きく変わるような改造ができないこと。そして、この状態で十分ポテンシャルが高いからだろう。その性能の高さは2019年の鈴鹿8耐でレース終盤にライバル勢をつき放したことでもわかる。さらなる足まわりの強化、そして電子制御のアップデートは行なわれるだろうが、鈴鹿8耐までにどのように変化するかは、これからのお楽しみ、というところだろう。

EWC:Ninja ZX-10RR(2019)/激戦を制した圧倒的パフォーマンス

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
山下 博央

フリーランスライター&カメラマン




人気記事





カワサキイチバン