カワサキ特派員

巷にあふれるカワサキネタを特派員がレポート

所沢航空発祥記念館所蔵 川崎航空機 KAL-Ⅱ
KAL-Ⅱは航空機展示コーナーにあり、入口を入るとすぐに目に入る。1階から見るとまるで飛行中のようで、2階からは操縦席などを確認することができる

ページを共有

ヨシムラ

カワサキにまつわるアレコレを探して東へ西へ、北へ南へ。今回は航空発祥の地で発見したカワサキをご紹介。

戦後初の本格的国産機を改良したKAL-Ⅱを展示

明治42年に勅令が公布され日本初の飛行場となった所沢飛行場は日本の“空”を切り拓き、発展させていった礎。その跡地に建てられた一つが所沢航空発祥記念館で、そこに“カワサキ”を発見できる。それは川崎航空機製の連絡機・KAL-Ⅱと、川崎重工業のヘリコプター・OH-6J(ヒューズ500)だ。

KAL-Ⅱは川崎航空機の岐阜工場にて組み立てられたもの。戦後初の本格的な国産機となるKAL-Ⅰを改良して製造されたが、審査で富士重工業のLM-1に敗れたため、2機しか試作されなかったという。その2機は航空/海上自衛隊で使われ、役割を終えたあと1機は解体、もう1機は所沢航空発祥記念館が展示している。同館によれば「のちの航空産業の復興に大きな役割をはたした、意義深い機体」だという。OH-6J(ヒューズ500)はアメリカのヘリコプターだが、川崎重工業がライセンス生産したもので、KAL-Ⅱとともに天井から吊り下げられて、展示されている。

同館は歴史的な機体展示をはじめ、シミュレータなど、航空のあれこれを知る、体験できる凝ったさまざまな仕組みがなされている。それらは子どもから大人まで楽しめる。また、いろいろな機体のエンジンも展示されているので、バイク乗りは興味津々となるかも!? ツーリングの目的地、立ち寄りスポットとして訪れてみてほしい。

取材協力所沢航空発祥記念館
住所埼玉県所沢市並木1-13(所沢航空記念公園内)
電話番号04-2996-2225
Webサイトhttps://tam-web.jsf.or.jp/



人気記事





カワサキイチバン