カワサキ特派員

巷にあふれるカワサキネタを特派員がレポート

東海汽船 セブンアイランド 大漁
セブンアイランド 大漁

ページを共有

ヨシムラ

何気なく利用しているもののなかにもカワサキが発見できる。今回発見したのは高速ジェット船!!

日本の海を飛ぶ、カワサキ製の高速ジェット船

走り出すと船体が海面から浮き上がり、水中にある翼だけで走行。その姿から海を飛ぶと形容される高速ジェット船・ジェットフォイル。もともとはアメリカのボーイング社が開発したボーイング929というモノで、ジェットフォイルというのはニックネームのようなもの。その後、川崎重工がボーイング社から製造・販売権を得て、1989年に国産第1号となるジェットフォイルが誕生。15隻を建造した。しかし、以後は新造されず、船は老朽化などによって、その数は少なくなっているのが現状だ。

そのような状況で、東海汽船は4隻のジェットフォイル・セブンアイランドを所有しており、そのなかの“友”と“大漁”の2隻が川崎重工製となる。現在は、東京・熱海から大島・利島・新島・式根島・神津島航路で活躍中だ。セブンアイランドはすべて、外装のデザインがカラフル。友は手をつなぎあったようなイラストが描かれ、大漁には大漁旗にあるような太陽が描かれているのだ。

バイクは積めないが東京から大島なら1時間45分で訪れられ、レンタルバイクがあるので、島内ツーリングが楽しめるぞ。

高速ジェット船のしくみ

東海汽船 セブンアイランド 友
東海汽船 高速ジェット船のしくみ

船体が浮き上がる仕組みは上のイラストのとおり。一度乗ってみたことがあるが、船体が浮くなら、かなり揺れるのかと思ったら安定していて、快適だったのに驚いた
川崎ジェットフォイル 船内のようす
川崎ジェットフォイル 船内のようす

船内のようす。東海汽船の高速ジェット船は全席指定となっている。なお、トイレ・自販機はあるが、展望デッキなどはなく航海中は外には出られない

高速ジェット船でいける伊豆大島はこんなところ

取材協力東海汽船
電話番号03-5472-9999
URLhttps://www.tokaikisen.co.jp



人気記事





カワサキイチバン