ページを共有

[PR] YOSHIMURA

2012年の登場以来、カワサキメガスポーツモデルの頂点に君臨し続けてきたNinja ZX-14R。その2020年モデルがこのたび発表され、このモデルをもってファイナルとなることが明らかとなった。

Ninja ZX-14Rの発売は、この2020年モデルもカワサキの逆輸入車を取り扱うブライトからで、今回デリバリーされるのは、専用設計となるオーリンズ社製TTX39リヤサスペンションやブレンボ社製M50アルミモノブロックフロントキャリパーなど豪華装備を奢るHIGH GRADE仕様のみ。カラーはパールブリザードホワイト×メタリックスパークブラック×キャンディーファイアレッドと、メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーンの2色となっている。

発売予定日は2019年11月上旬、価格は192万5,000円(税10%込)で、購入者にはブライトオリジナルのファイナルステッカーがプレゼントされる。

このファイナルの知らせは、スーパーチャージドエンジンを搭載するNinja H2シリーズのある今、一時代を築いたレジェンドモデルの終焉と見るか、それとも新たな幕開けに向けた布石となるかは知る由もない。ただひとつ言えることは、このモデルを新車で堪能できる時間は、減ることはあっても増えることはないということだけだ。

2020年モデル Ninja ZX-14R HIGH GRADE (ZX1400JLFA)※マレーシア仕様

2020年モデル Ninja ZX-14R HIGH GRADE (ZX1400JLF)※オーストラリア仕様

※掲載写真は実際の車両と一部仕様が異なります


オフィシャルビデオ(2012)


主なスペック

車名(通称名) Ninja ZX-14R HIGH GRADE
全長x全幅x全高 2,170mm×780mm×1,170mm
軸間距離 1,480mm
最低地上高 125mm
シート高 800mm
キャスター/トレール 23.0°/93mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 1,441cm3
内径x行程/圧縮比 84.0mm×65.0mm/12.3:1
最高出力 147.2kW(200PS)/10,000rpm
最大トルク 158.2N・m(16.1kgf・m)/7,500rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.6L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.611(47/18)
2速 2.611(47/18)
3速 1.545(34/22)
4速 1.333(32/24)
5速 1.154(30/26)
6速 1.036(29/28)
一次減速比 / 二次減速比 1.556(84/54)/2.471(42/17)
フレーム形式 プレスバックボーン
懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径 43mm)
スイングアーム(ユニトラック)
ホイールトラベル 117mm
120mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 デュアルディスク 310mm (外径)
シングルディスク 250mm (外径)
ステアリングアングル (左/右) 31°/31°
車両重量 269kg
燃料タンク容量 22L
最小回転半径 3.1m
カラー パールブリザードホワイト×メタリックスパークブラック×キャンディーファイアレッド
メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン
メーカー希望小売価格 192万5,000円(税10%込)
発売予定日 2019年11月上旬
問い合わせ先ブライト
電話番号078-326-6515 受付時間 月曜日~金曜日10:00~17:00(除く祝祭日、特別休業日)
WEBサイトhttp://www.bright.ne.jp/



人気記事





カワサキイチバン