ページを共有

ヨシムラ

スポーティさを支える先進の電子制御システム

新たに搭載された電子制御システムを試してみる。スポーツ、ロード、レインと3種類あるライディングモードは、それぞれが適したパワーとトラクションコントロール介入度とが連携している。スポーツモードとロードモードのパワーは変わらず、トラクションコントロールの介入度が異なる。レインモードではスロットル操作に対するエンジンの反応が少し落ち着き、回転の上昇も緩やか。そしてトラクションコントロールの介入も早い。これなら雨の日は必要以上に気をつかわなくてよいはずだと納得した。しかし街中ではロードモードとスポーツモードの違いがよくわからなかった。

その差を感じたのがワインディングだ。Z900はライダーの荷重移動に対して車体の反応が早いため、コーナーをクイックに曲がっていく印象なのだが、少し濡れたコーナーを通過したときのこと。ロードモードでは挙動を乱さなかったが、スポーツモードではわずかに後輪がズレる感覚が伝わってきたシーンがあったのだ。もちろん大きくバランスをくずすほどではない。しかしそれがトラクションコントロール介入度の違いではないかと思ったのだ。というのも後輪のスリップを完全になくすより、わずかにすべらせていたほうがカーブを抜けるのは速いといわれている。そのためロードモードでは安定性を重視してトラコンが早めに介入するが、スポーツモードではグリップのギリギリをねらうためわずかにすべるのではないかと考えたのだ。だがそれを検証するために走り慣れない峠道でリスキーな走りをするわけにはいかない。その後は安全運転に徹したが、トラクションコントロールの恩恵は十分に感じられた。

もう一つ注目したい新技術はスマートフォンとの連携機能だ。詳しくは今月号の巻頭特集を見ていただきたいが、バイクの新しい楽しみ方を知ったのだ。今後はもっと一般的になっていくシステムであろう。

2020年モデル Z900 ワインディング走行
クイックなハンドリング特性を持っているのでワインディングで本領発揮する。タイヤの接地感がしっかり伝わってくるので寝かし込んでも不安は感じない。シートやタンクの形状もスポーツライディングに向いている

まとめ

2日間で1000㎞を走って感じたのは、前型から受け継いだスポーティさが電子制御システムによって際立ったということ。さまざまな場面でより安全に高い運動性能を体感することができるのだ。まさに正常進化だと言えよう。ただ、一つ気になったのは800㎞を過ぎたあたりで太モモの付け根付近に軽い痛みを感じたこと。サービスエリアで軽いストレッチをすれば解消するレベルだったが、実は前型でも似たような感じがあった。僕の体格の影響もあるかもしれないので、オーナーは実際にまたがって確認してほしい。

迫力と洗練さを兼ね備えたスタイルと先進の電子制御システムとが融合した新型Z900は、スポーティな走行フィールをより手軽に体感できるモデルになった。重厚な走りのZ1000やライトウェイトスポーツ的なZ650とは異なる個性を持つストリートファイターの走りを、ぜひ体験してもらいたい。

取りまわし
2020年モデル Z900 取り回し
アップハンドルのバイクは力を入れやすいこともあって押し歩きしやすい。マスの集中化の影響もありバランスをたもちやすいのも理由の一つだろう。車両重量は213㎏だが、駐車場の出し入れに特別苦労するという感じはない
たそがれ度
2020年モデル Z900 たそがれ度
斜め後ろから見た、大きく盛り上がったガソリンタンクから一度シート部分でぐっと絞られ、跳ね上がったテールカウルへとつながる大胆なラインがカッコいい。ストリートファイターらしいアグレッシブなフォルムが強調されている感じなのだ
燃費
2020年モデル Z900 燃費
満タンでスタートし一般道路を約235㎞走った所で燃料計の最後のメモリが点滅を開始。その後、完全に止まるまで55㎞ほど走った。メーター上の航続可能距離は途中で消えるのでその前に給油したい
高速道路 23.27㎞/ℓ
一般道路 17.17㎞/ℓ
ガソリン満タン航続距離 290.6㎞

Z900

2020年モデル Z900
“エキサイティング&イージー”というコンセプトを持ち、高い運動性能とアグレッシブな“Sugomi”デザインを両立したスポーツネイキッド。ダイヤモンドフレームにフレキシブルな特性の並列4気筒エンジンを搭載。2020年モデルで外観と装備を充実させた
Z900の主なスペック
全長×全幅×全高 2,070×825×1,080(㎜)
軸間距離 1,455㎜
シート高 800㎜
車両重量 213㎏
エンジン型式・排気量 水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒・948㎤
ボア×ストローク 73.4×56.0(㎜)
最高出力 92kW(125㎰)/9,500rpm
最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/7,700rpm
燃料タンク容量 17ℓ
タイヤサイズ F=120/70-17・R=180/55-17
価格 104万5,000円(税込み)

[Z900]電子制御機能追加・TFTカラー液晶メーター採用など、大幅進化した2020年モデルが発表

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
横田 和彦

1968年6月生まれ。16歳で原付免許を取得。その後中型、限定解除へと進み50ccからリッターバイクまで数多く乗り継ぐ。現在もプライベートで街乗りやツーリングのほか、サーキット走行、草レース参戦を楽しんでいる。




人気記事





カワサキイチバン