2020年モデル Z900 インプレッション
軽々と吹け上がっていく並列4気筒エンジンのフィーリングは爽快そのもの。フレームの強化やサスペンションの見直しにより速度が乗るカーブでも路面に張り付くような感覚が得られた

ページを共有

ヨシムラ

ストリートファイターテイストのZ900が2020年にモデルチェンジを受けた。基本コンセプトはそのままに装備面を充実。ネオレトロ系のZ900RSとはまったく異なるハンドリングを持つネイキッドは、どのように変化したのだろうか。

エクステリアも装備して進化した2020年モデル

大ヒットとなったZ900RSと基本設計が同じでありながら、日本での知名度は低めだったZ900。そのZ900が20年にモデルチェンジを受けた。ストリートファイターテイストの基本シルエットはそのままに、LEDヘッドライトやトラクションコントロールの採用など各部を大幅にアップデートした。

2020年モデル Z900
メタリックグラファイトフレー×メタリックスパークブラック

実は個人的に非常に気になっていたモデルなのだ。というのも過去に何度もZ900に乗ったのだが、900㏄クラスとは思えない軽快なハンドリングを持っていることを知ってしまったからだ。Z1000やZ900RSに注目が集まりがちで話題に上がりにくいバイクなのだが、自分の中での評価はかなり高い。それが正常進化したのだから気にならないわけがない。

実車を目の前にするとシルエットは確かにZ900なのだが、各部からは洗練された印象を受ける。セルボタンを押すと集合マフラーから直4の連続した排気音が響く。車重は3㎏増しだが押し歩きでも差は感じない。通りに出てまたがるとカラー液晶メーターが視界に入り、新型であることを再認識。軽いクラッチをにぎると軽快に走り出した。

やはり動きは900㏄クラスとは思えないくらい軽い。クルマが増え始めた朝の道を走りながらそう思った。ほどなくして首都高のランプを駆け上がる。このまま高速道路で一気に浜松へと向かうのだ。

2020年モデル Z900 インプレッション
浜名湖を見下ろせるストレートを軽快に走るZ900。カウルがないゆえ、風が春めいてきていることを実感。ネイキッドでのツーリングが楽しくなる季節だ
2020年モデル Z900 インプレッション
今回は高速道路周辺を進んだ。新東名高速道路の下を抜ける道はダイナミックな光景を楽しめる。アップライトなポジションは視界が広く、回り込んだコーナーではリーンアウト気味で走ることができる
2020年モデル Z900 インプレッション
道幅1.5車線くらいの狭い峠を走り抜けた。軽快なハンドリングを武器にグイグイと進んでいく。新たに搭載されたトラクションコントロールは不安を大幅に軽減してくれる
2020年モデル Z900 インプレッション
最近増えてきたのが高速道路のサービスエリアに一般道路から入れる施設。食事はもちろん休憩スペースやトイレなども使える。ツーリングの立ち寄りスポットに最適
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
横田 和彦

1968年6月生まれ。16歳で原付免許を取得。その後中型、限定解除へと進み50ccからリッターバイクまで数多く乗り継ぐ。現在もプライベートで街乗りやツーリングのほか、サーキット走行、草レース参戦を楽しんでいる。




人気記事





カワサキイチバン