2020年モデル Ninja 1000SX

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

電子制御機能と装備が充実したスポーツツアラー、Ninja 1000SX

EICMA2019で発表されたNinja 1000SX。欧州版は従来Z1000SX、それ以外はNinja 1000という名称だったが、2020年モデルで改められNinja 1000SXという名称で統一される模様だ。国内導入もリリースされており、2020年の初夏を予定しているとのことだ。

2020年モデル Ninja 1000SX

Ninja 1000SXは2011年に初期型が発売開始となり、リッタークラスのスポーツツアラーとしては短いスパンとなる3年ごとに機能的なモデルチェンジをはたしてきた。そしてシリーズ4代目となるこの2020年モデルは、スポーツツアラーとしての方向性はそのままに、主に電子制御機能と装備がより充実している。

2020年モデル Ninja 1000SX

2020年モデル Ninja 1000SX

電子制御機能に関して、従来からIMU、トラクションコントロール、コーナーリングマネジメントファンクション、パワーモードなどが採用されているが、2020年モデルではこれらに加え、ライディングモード、クイックシフター、クルーズコントロール、電子制御スロットルバルブが新採用された。

このうちライディングモードは“スポーツ”“ロード”“レイン”“ライダー”の4モードから選択でき、それぞれトラクションコントロールとパワーモードの設定が異なり、ライダーモードは任意の組み合わせが可能となっている。

ライディングモード KTRC パワーモード
スポーツ 1 F
ロード 2 F
レイン 3 L
ライダー(マニュアル) 1/2/3/オフ F/L

クイックシフターはアップとダウンの両方を備え、スムーズで素早いシフトチェンジを可能としている。クルーズコントロールは、すでにニンジャH2 SXシリーズに採用されているシステムと同様に、クルーズコントロール作動中も、“+”“−”ボタンを押すことで速度を調整できる仕組みとなっている。

装備も主に電気系機能が充実した。その代表例がメーターだ。Ninja H2 SX SEやVERSYS 1000 SEに採用されるカラー表示のTFT液晶パネルが、Ninja 1000にも新しく採用される。とはいっても、Ninja 1000SXの液晶パネルはNinja H2 SX SE、VERSYS 1000 SEとは異なるデザインで、ツーリングモードとスポーツモードの2パターンが設定され、さらにそれぞれがブラックとホワイトを反転できるシステムとなっている。さらにヘッドライト、ウィンカー、テールランプなど、すべての灯火類をLED化している。

2020年モデル Ninja 1000SX メーター

それと装備面でもう一つ、シートも改良され、シートの高さや幅、材質などが異なる数パターンを用意しているのも、多様なライダーのニーズに応えるうれしい装備になると言えよう。

2020年モデル Ninja 1000SX

2020年モデル Ninja 1000SX

電子制御機能と装備以外にパワーとトルクともに向上し、マフラーは右一本出しに変更。またデザインもシャープさに磨きをかけ、性能・見た目ともにスポーティさが増している。2020年モデルのNinja 1000SXは、装備と性能ともに進化して、より走りが楽しめるツアラーとなっていることだろう。


2020年モデル Ninja 1000SX

2020年モデル Ninja 1000SX
エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー×メタリックグラファイトグレー
2020年モデル Ninja 1000SX
2020年モデル Ninja 1000SX
2020年モデル Ninja 1000SX
メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック
2020年モデル Ninja 1000SX
2020年モデル Ninja 1000SX
2020年モデル Ninja 1000SX
パールブリザードホワイト×メタリックカーボングレー
2020年モデル Ninja 1000SX
2020年モデル Ninja 1000SX
2020年モデル Ninja 1000SX パニアケース装着
2020年モデル Ninja 1000SX パニアケース装着
2020年モデル Ninja 1000SX パニアケース装着
2020年モデル Ninja 1000SX パニアケース装着

オフィシャルビデオ


豊富なアクセサリー


スペック一覧(欧州仕様)

車名(通称名) Ninja 1000SX
マーケットコード ZX1002K
全長x全幅x全高 2,100mm×825mm×1,190mm(1,225mm) ※()内はハイポジション時
軸間距離 1,440mm
最低地上高 135mm
シート高 835mm
キャスター/トレール 24.0°/98mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒 / DOHC 4バルブ
総排気量 1,043cm3
内径x行程/圧縮比 77.0mm×56.0mm/11.8:1
最高出力 104.5kW(142PS)/10,000rpm
最大トルク 111N・m(11.3kgf・m)/8,000rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 2.600(39/15)
2速 1.950(39/20)
3速 1.600(24/15)
4速 1.389(25/18)
5速 1.238(26/21)
6速 1.107(31/28)
一次減速比 / 二次減速比 1.627(83/51) / 2.733(41/15)
フレーム形式 ダイヤモンド
懸架方式 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 41mm)
スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)
ホイールトラベル 120mm
144mm
タイヤサイズ 120/70 ZR17M/C 58W
190/50 ZR17M/C 73W
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT6.00
ブレーキ形式 デュアルディスク300mm(外径)
シングルディスク250mm(外径)
ステアリングアングル (左/右) 31°/ 31°
車両重量 235kg
燃料タンク容量 19L
乗車定員 2名
発売予定日 2020年初夏
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン