ページを共有

[PR] YOSHIMURA

スーパーチャージドエンジンを搭載したカワサキのハイパースポーツモデルであるNinja H2シリーズ。そのクローズドコース専用モデルとなるNinja H2Rの2020年モデルが11月15日(金)から受注受付を開始する。

車両の仕様は2019年モデルから変更はなく、販売は今までどおりカワサキが認定した「Ninja H2R 取扱指定店」のみの取扱いとなる。受注受付の締切は2019年12月13日(金)だが、注文状況によっては早まる可能性もある。購入を考えている人は早めに取扱指定店まで問い合わせをしてほしい。

Ninja H2Rは、2019年モデルで小変更され、ブレーキキャリパーにブレンボの最高峰モデルとして名高い「Stylema」モノブロックキャリパーを装備。さらに傷を自己修復するハイリーデュラブルペイントも採用されるなど熟成が進んでいるほか、クローズドコースの走行に特化したさまざまな装備を誇るのが特長だ。

価格は増税分の11万円高となった605万円(税10%込)となり、カラーはミラーコートマットスパークブラックの1色のみとなっている。

注文受付期間

2019年11月15日(金)~2019年12月13日(金)

Ninja H2との主な違い
  • トールウィンドスクリーン
  • CFRP製フロントカウル
  • CFRP製アッパーカウル/ロアウィング
  • CFRP製カウルインナーパネル
  • CFRP製エアダクト
  • デュアルラムエアインテーク
  • ハイリフトカムシャフト
  • チタニウムエキゾーストシステム
  • ストレート構造メガホンスタイルサイレンサー
  • KIBSのオフが可能
  • レース専用スリックタイヤ
購入にあたっての注意点
  • 受注生産のため、締切後の受注は不可
  • 公道や一般の交通に供する場所での走行は一切不可。また、ナンバー取得のための書類は発行されない
  • 保証(クレーム)対象外商品
  • Ninja H2R 取扱指定店」のみの取り扱い

2020年モデル Ninja H2R

※画像は2019年モデル


オフィシャルビデオ(2015)


スペック一覧

車名(通称名) Ninja H2R
マーケットコード ZX1000YLF
全長x全幅x全高 2,070mm×850mm×1,160mm
軸間距離 1,450mm
最低地上高 130mm
シート高 830mm
キャスター/トレール 25.1°/ 108mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 998cm³
内径x行程/圧縮比 76.0mm×55.0mm/8.3:1
最高出力 228kW(310PS)/14,000rpm ラムエア加圧時:240kW(326PS)/14,000rpm
最大トルク 165N・m(16.8kgf・m)/12,500rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 5.0L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 3.188(51/16)
2速 2.526(48/19)
3速 2.045(45/22)
4速 1.727(38/22)
5速 1.524(32/21)
6速 1.348(31/23)
一次減速比 / 二次減速比 1.551(76/49) / 2.333(42/18)
フレーム形式 トレリス
懸架方式 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径43mm)
スイングアーム(ニューユニトラック)
ホイールトラベル 120mm
135mm
タイヤサイズ 120/600 R17
190/650 R17
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT6.00
ブレーキ形式 デュアルディスク 330mm (外径)
シングルディスク 250mm (外径)
ステアリングアングル (左/右) 27°/ 27°
車両重量 216kg
燃料タンク容量 17L
乗車定員 1名
カラー ミラーコートマットスパークブラック(GY3)
メーカー希望小売価格 605万円(税10%込)
※付属品としてタイヤウォーマー・レーシングスタンドを含む
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン