東京モーターショー2019 Ninja ZX-25R

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

今の時代に250cc・4気筒モデルをリリースするカワサキの本気度

「今の時代にあって、贅沢な設計ですよね」
ニンジャZX-25Rについて、カワサキの開発者自ら“贅沢な設計”と語る。

かねてから“カワサキが250cc並列4気筒モデルを出す”と噂されていたが、“本当にカワサキが出した!”といった衝撃的なモデルだ。

東京モーターショー2019 Ninja ZX-25R

「ニンジャ250より機能と装備を充実させ、ワンランク上の走りが楽しめるモデルです」
水冷並列4気筒エンジンを搭載し、250ccクラスでありながら、電子スロットル、トラクションコントロール、カワサキクイックシフター、パワーモードなどの電子制御機能をたっぷり採用。さらにビッグピストンフロントフォークも備えるなど、機能と装備はリッタークラス並みの内容となっている。しかもエンジン、フレームともに完全新設計だ。

ワンランク上の“ぶん回せる250cc並列4気筒エンジン”

「ワンランク上の機能と装備を持っているのですが、気難しい特性ではありません。単刀直入にいえば250ccなのでぶん回せます。エンジンは1万7,000rpmからレッドゾーンが始まる高回転型エンジンで、低回転から高回転まで存分に回して楽しむことができます。しかもクイックシフターを装備しているので、高回転まで回したまま加速できます。高回転まで回すと、“シュイーン”といい音しますよ。しかも高回転型エンジンでありながら、低回転域もトルクが豊かで、全域にわたって使えるエンジン特性としています」

かなりアグレッシブな特性となっているニンジャZX-25Rは、ライディングポジションもニンジャ250よりも前傾姿勢となり、よりスポーティなものとなっているとのこと。

コスト削減の傾向が強い今の時代、250ccクラスでありながら、存分に最先端技術を投入して、しかも並列4気筒エンジンを完全新設計して搭載してしまう。このカワサキの取り組みは衝撃的でしかない。国内への導入時期は、現在のところ2020年の秋を予定し、価格は未定だ。

東京モーターショー2019 Ninja ZX-25R エンジン

東京モーターショー2019 Ninja ZX-25R 正面
東京モーターショー2019 Ninja ZX-25R 背面

オフィシャルビデオ

主なスペック

エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
総排気量 249cm3
内径×行程
最高出力
最大トルク
全長×全幅×全高
シート高
車両重量
燃料タンク容量
フレーム トレリス、ハイテンスチール
フロントサスペンション SFF-BP(Separate Function Fork – Big Piston)
リヤサスペンション ホリゾンタルバックリンク
フロントブレーキ シングルディスク、ラジアルマウントモノブロックキャリパー
タイヤサイズ (F)110/70-17 (R)150/60-17
電子制御 KTRC(カワサキトラクションコントロール)
KQS(カワサキクイックシフター)
パワーモード
カラー ライムグリーン×エボニー
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン