ページを共有

ヨシムラ

新世代ミドルネイキッドの実力をチェック

2019年モデル Z250 市街地走行

アップライトなポジションは街中をリラックスした気分で走ることができる。目線が高めで視野を広くたもてるので交通の流れを把握しやすく、ツーリングでは景色を楽しむ余裕もできる

エンジンを始動し、早朝の編集部をスタートする。ニンジャ250よりも上体が起きて目線が高いので余裕がある感じ。ほんのちょっとの違いかもしれないが、交通の流れを広く見ることができるように感じる。セパレートハンドルのバイクはスポーツ走行の走りに集中しやすいが、市街地での走りはバーハンドルのほうが精神的にゆとりが持てるように思うのだ。

もうひとつのバーハンドルのメリットは、ハンドルで車体の動きをコントロールできること。車体と一体になり体全体で操るセパレートハンドルとは違って、ライディングフォームの自由度が高く、上体はそのまま腕の力を中心に車体を寝かしていくリーンアウトの体勢などもやりやすいのだ。街中でありがちな急な飛び出しからの緊急回避など、瞬間的に車体の向きを変えたいときなどにも有効。そのあたりがネイキッドが街乗りに適していると言われる理由でもあるのだ。Z250はライディングポジションにあわせてリヤショックのリンク比や特性が専用設定されていることもあって、ニンジャ250よりもさらにクイックに曲がっていく印象。かといってギャップ通過時などで大きく振られるような挙動を見せないのは、フロントまわりを中心とした剛性の高さによるものであろう。このあたりも先代より進化しているポイントだと感じた。

またブレーキの効きがよくなっているのも体感できた。スポーツモデルのように握り始めた瞬間から高い制動力が感じられるのだ。それも新装備された大径フローティングローターの効果であろう。スポーティな走りをするときには間違いなく強い味方になる。しかし若干の不安も感じた。ちょっと敏感すぎるような気もしたのだ。それがツーリング後半に影響を及ぼすのかどうか。そのあたりも気にして走ってみたい。

収納
キーロック式のタンデムシート下に小物入れスペースがある。利便性を考慮した二段式で上部にETCを、下段には純正アクセサリーのU字ロックが収納可能だ。またフロントシートを外すワイヤーが装備されていて、工具を使わずに外せるのも便利
ヘッドライト照射性
LEDヘッドライトを採用しているため光は今風の白いもの。ロービームで上の左右2灯が光り、ハイビームで4灯すべてが点灯する。光量はかなりある印象でかなり遠くまで照らしてくれる。夜間走行で不安は感じない
ハンドル切れ角
2019年モデル Z250 ハンドル切れ角

ハンドル切れ角は左右各35度とフルカウルのニンジャ250と同じ。ネイキッドとしては特別大きく切れる部類ではないが、バーハンドルなので取りまわしやUターンはしやすい。タンクとのクリアランスも十分だ

ヘルメットホルダー
2019年モデル Z250 ヘルメットホルダー

ヘルメットホルダーが標準装備されているのはうれしいのだが、使い勝手があまりよくない。狭い場所にあってフックにかけにくいのだ。またヘルメットをかけた状態ではキーを刺しにくい。改善を望みたい

シート快適性
2019年モデル Z250 シート快適性

前のモデルよりもスポンジが肉厚になっていて適度なクッション性があるので居住性は悪くない。コーナーでの体重移動もやりやすかった。シート高は高くなってしまうが、オプションのエルゴフィットハイシートも試してみたい

クラッチ操作性
2019年モデル Z250 クラッチ操作性

アシスト&スリッパークラッチを装備しているため、クラッチレバーはかなり軽く握れる。スムーズな半クラッチ操作はもちろん、長時間操作していても疲れにくいので、ロングツーリング時の疲労軽減にも貢献するシステムである

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
横田 和彦

1968年6月生まれ。16歳で原付免許を取得。その後中型、限定解除へと進み50ccからリッターバイクまで数多く乗り継ぐ。現在もプライベートで街乗りやツーリングのほか、サーキット走行、草レース参戦を楽しんでいる。




人気記事





カワサキイチバン