2019年モデル Z250 インプレッション
視線の位置が高いことと、入力しやすいハンドル位置のおかげでゆとりある市街地走行が可能。そのうえ素直なハンドリングなので、Uターンのような小回りも軽々とこなしてくれる

ページを共有

ヨシムラ

新世代のネイキッドモデル、Zシリーズのクォーターモデル“Z250”で1,000㎞を走破。ニンジャ250譲りの高い動力性能とアップライトなポジションの組み合わせは、どんなフィーリングを体感させてくれるのか。

ストリートファイター系ネイキッド“Z250”の実力を検証

カワサキの新世代ネイキッドとしてリリースされた新型Zシリーズは、ストリートファイターテイストのスタイリングとスポーツモデル並みの動力性能を持ったモデル。レトロテイストのネイキッドとは異なる戦闘的なルックスに魅せられるユーザーも多く、新世代の“Z”として地位も確立されつつある。2013年に初代Z250がデビューし2019年にフルモデルチェンジ。エンジンスペックが高まり車重も軽くなった。具体的には初代Z250よりも6㎰アップし6㎏軽くなった。ちなみに現行ニンジャ250と比べると2㎏軽量。現在の250ネイキッドのなかではもっともパワフルなエンジンなので、走行性能にも期待が持てる。

車体は従来のZシリーズに共通した“Sugomi”デザインを取り入れていてアグレッシブなイメージ。LEDヘッドライトが先進性を感じさせる。先代の特徴だったZ型の大型シュラウドはコンパクトなモノに変わったが、ストリートファイターらしさには磨きがかかった印象だ。

またがるとボリューム感があるタンクのライダーと接する部分がギュッと絞り込まれていることを実感。バーハンドルはストリートファイターらしく低めで幅広なのでやや前傾気味になる。ハンドルへの入力で積極的に車体をコントロールできるポジションだと言えよう。

なんといってもここがポイント

2019年モデル Z250 なんといってもここがポイント
クォーターネイキッドの特徴は軽さ。同じエンジンやフレームなどを使ったフルカウルモデルに比べて数㎏軽いのが一般的。Z250の場合はニンジャ250に比べると2㎏軽く仕上がっている。その程度と言うなかれ。体感的にはもっと軽く感じるのだ。ヘッドライトなどの重量物が車体中央に近付き、マスが集中していることも理由のひとつだ。
取りまわし
2019年モデル Z250 取り回し
やはり高めにセットされたバーハンドルは力を入れやすい。車体の軽さもあいまって押し引きはかなり軽く感じる。カウルがなくライトやメーターなどが車体の重心に近くバランスがよいことも取りまわしやすい理由だろう。駐車場への出し入れも問題なさそうだ
ライディングポジション
先代のZ250よりも幅がスリム化されたシートなどにより足着きは良好。バーハンドルとやや後方にあるステップで構成されるポジションは、リラックスしつつスポーツ走行にも対応する。上体が起きているのでタンデムも比較的やりやすい(ライダー 身長:166㎝ 体重:70㎏)
乗り降り
2019年モデル Z250 乗り降り
リヤまわりはニンジャ250と同じで、テールカウルが跳ね上がったデザインになっている。そのためまたがるときは足を高く上げなければならない。キャンプツーリングなどで多くの荷物を積んでいるときはさらに気を付ける必要があるだろう
引き起こし
2019年モデル Z250 引き起こし
先代よりも6㎏ほど軽くなっているうえにバーハンドルやシートカウル部などが持ちやすく力を入れやすいので、引き起こしはしやすい。またマスが集中していて重心位置が適正ということも引き起こしやすい理由になっている印象だ
メーター視認性
Zシリーズ共通イメージのメーターパネル。センターにあるアナログの動きを模したデジタル式タコメーターは特別見やすいわけではないが、情報は十分把握できる。スピードのデジタル表示は大きく見やすい。夜間の照度も十分だ
ミラー後方視認性
2019年モデル Z250 ミラー後方視認性
ハンドルマウントのミラーは左右に張り出していて後方視認性は高い。ただカウルマウントに比べるとライダーに近い位置にあるので、目線の移動距離が長いことを理解しておこう。鏡面は角張っているが死角は少な目だ
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
横田 和彦

1968年6月生まれ。16歳で原付免許を取得。その後中型、限定解除へと進み50ccからリッターバイクまで数多く乗り継ぐ。現在もプライベートで街乗りやツーリングのほか、サーキット走行、草レース参戦を楽しんでいる。




人気記事





カワサキイチバン