ページを共有

[PR] YOSHIMURA

高い運動性能と実用性を備えたスポーツネイキッド

2018年モデル Z900(ZR900B) コーナーリング
コーナーリング中の挙動は安定していて、ラインの変更も容易。ライダーの動きに追従してマシンが動くので、初めて走る峠で安全マージンを十分に取っても「バイクを操る満足感」がシッカリと得られる

そしてワインディングロードに到着。いつになく楽しみだったのは、ここに来るまでのフィーリングから、ワインディングロードをかなり楽しく走れるであろうことが想像できたからだ。コーナーの入口でブレーキングして車速を落とす。わずかにブレーキを残したままバンクさせよう…、と思った時にはスッと車体が傾き始めていた。と言っても怖い感じはない。自分のコントロール下に置いておける反応速度だ。バンク中、前後タイヤから接地感が明確に伝わってきて不安は感じない。コーナーの出口でアクセルを開け始めると車体が起きていき、次のコーナーへと向かっていった。想像どおりかなり楽しい。カワサキの大型バイクの味を受け継いだかような落ち着き感があるZ900RSとは異なり、クイックに曲がっていく印象なのだ。シビアにならずとも初めてのワインディングロードを楽しめる。スポーツライディング好きはもちろん、まだそれほど経験を積んでいない大型バイクビギナーであっても走りを満喫できるフレンドリーさを持っている。

2018年モデル Z900(ZR900B) 試乗インプレッション
Z900RSよりホイールベースが短く、キャスター角も異なるZ900は、よりクイックな旋回性を持つ。ただしトラクションコントロールは搭載していないので、雨天や冬場などは注意するに越したことはない
まとめ

スーパースポーツからカウルを取り去ったストリートファイター系のネイキッドは海外を中心に高い人気がある。今の日本ではレトロ系ネイキッドが人気があるため注目度はZ900RSに及ばないものの、その高い走行性能はZ900RSはもちろん、他メーカーのライバル車をも超えるほど。しかも単に荒々しいだけじゃなく扱いやすいこともZ900の持ち味だ。それゆえ街乗りからツーリングまで幅広いシチュエーションで使うことができる。それを今回の1,000km走破で確認することができた。

褒めてばかりのようになってしまったが、気になる点がなかったわけではない。それはシートだ。500kmを超えたあたりでお尻に痛みを感じるようになり、1,000kmを走り終えるころには内股の辺りに違和感が出た。個人差はあるだろうが、シートがもう少し厚ければ疲労度も変わるだろう。またリヤシートが小さく荷物を積載しにくい。それらの点からもツーリングでの使い勝手は完璧とは言えないが、スポーティな走行性能との兼ね合いを考えれば及第点である。走りと快適さの両方を満たしたい欲張りなライダーにも向いている一台であると感じた。


シート快適性
2018年モデル Z900(ZR900B) シート快適性
セパレートタイプのシートはスポンジがやや薄めなスポーツタイプ。体重移動しやすいのでスポーツライディングには向いているが、人によっては長時間のツーリングでお尻が痛くなることも。自分は500km越えたあたりから痛みを感じるようになった
たそがれ度
2018年モデル Z900(ZR900B) たそがれ度
猛獣が獲物に襲いかかる瞬間のようなアグレッシブなフォルムを持つZ900。凝縮されたパワー感がタダモノではない雰囲気を漂わせる。カワサキのスポーツネイキッド共通の“Sugomi”デザインは、ライダーの所有欲やプライドを満たしてくれるのだ
燃費
2018年モデル Z900(ZR900B) 1,000km燃費
高速道路を100km/hキープで走るとかなりの高燃費を記録する。6速で低めの回転数になることが高記録の理由であろう。一般道路では多くのリッターバイクと差はない印象。参考までに、ガソリンインジケーターが点滅しはじめてから完全に止まるまで90kmほど走った
高速道路 23.6km/ℓ
一般道路 19.16km/ℓ
ガソリン満タン航続距離 325.8km
乗り降り
2018年モデル Z900(ZR900B) 乗り降り
テールが跳ね上がったデザインなので足は高めに上げる必要がある。とくにツーリングなどでリヤシートに荷物を積載している時は引っ掛けないようにしたい。その場合、上体をハンドルにかぶせるように倒しながら足を上げると、スムーズにまたがれる
2018年モデル Z900(ZR900B)
現代Zシリーズ共通の躍動感ある攻撃的なスタイリングが印象的。日本人の体格にもあったライディングポジションやパワフルながら扱いやすいエンジン特性など特筆すべき点は多い。加速時の吸気音が耳に届くように設計されていて、ライダーの気持ちを盛り上げてくれることもポイント。スタイル、走り、サウンド。すべてが感性に訴えかけてくるスポーツネイキッドだ

主なスペック

全長×全幅×全高 2,065×825×1,065(mm)
軸間距離 1,450mm
シート高 795mm
車両重量 210kg
エンジン型式・排気量 水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒・948cm3
ボア×ストローク 73.4×56.0(mm)
最高出力 92kW(125ps)/9,500rpm
最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/7,700rpm
燃料タンク容量 17ℓ
タイヤサイズ (F)120/70-17・(R)180/55-17
価格 95万400円

[Z900]Z900RS同様の並列4気筒エンジンを搭載したストリートファイターが登場! 販売開始は4月2日から

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
横田 和彦

1968年6月生まれ。16歳で原付免許を取得。その後中型、限定解除へと進み50ccからリッターバイクまで数多く乗り継ぐ。現在もプライベートで街乗りやツーリングのほか、サーキット走行、草レース参戦を楽しんでいる。




人気記事





カワサキイチバン