製品情報PR

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

Ninja H2 SX/Z900RS用スリップオンマフラー by ノジマエンジニアリング

ページを共有

マフラーを中心にアフターパーツをラインナップするノジマエンジニアリングより、ニンジャH2 SXシリーズ用と、Z900RS用スリップオンマフラーが新たに登場した。

ライトカスタムに最適なスリップオンが2車種登場

ノジマエンジニアリングからニンジャH2SXオーナー待望のスリップオンマフラーがリリースされた。今回リリースされたのはノジマエンジニアリングで人気の漆黒コーティングDLCがほどこされた“DLCロックオンスリップオン”だ。ニンジャH2でも採用された形状だが、今回ニンジャH2 SX用として登場している。

DLCはシックなブラックのダイヤモンドコーティングがほどこされており、深みのある黒が高級感を感じさせる。このほか強度面も追求していて、サイレンサー本体への傷などがつきにくくなっており、艶黒も半永久的に持続する。サイレンサー形状はもともとスーパースポーツモデルを中心に採用されていた異形形状のロックオンというタイプで、最新モデルでもニンジャH2 SXとのバランスも良好だ。ニンジャH2 SXのルックスの向上はもちろん、軽量化やエンジンレスポンスの向上にも効果的である。とくにアクセルの開けはじめからのリニアな操作感は街乗りからツーリングまで効果を発揮。ニンジャH2 SXシリーズすべてに対応し、純正パニアケースとの併用も可能となっている。

Ninja H2 SX用スリップオンマフラー by ノジマエンジニアリング
ニンジャH2 SX用DLCロックオンスリップオンは、ニンジャH2 SX/SE/SX SE+といたように、ニンジャH2SXシリーズ全モデルに対応している。サイレンサーは異形形状となる
Ninja H2 SX用スリップオンマフラー by ノジマエンジニアリング
DLCは漆黒のブラックコーティングが特徴的で、高級感を感じさせるものとなっている。また、チタンサイレンサー本体を保護する効果もあり、傷つきにくくなっている

Z900RS用スリップオンはスタンダードなスタイルのSTSシリーズを新たにラインナップしている。サイレンサー本体はチタンの真円タイプで、サイレンサーの長さと径が異なる2タイプが用意され、好みのスタイルを選ぶことが可能だ。サイレンサーはアップタイプとなり、タンデムステップとの干渉を避けるためのプレートも付属する。注目すべきはその価格だ。同社製品として導入しやすい価格設定で、マフラー交換初心者にも購入しやすい価格となっている。フルエキゾーストまでは手が出ないという人にはお勧めだ。もちろん、エンジンのレスポンス向上も体感でき、Z900RSの走りが今まで以上に楽しくなるはずだ。

Z900RS用スリップオンマフラー by ノジマエンジニアリング
Z900RS用スリップオンマフラー by ノジマエンジニアリング
Z900RS用STSスリップオンはサイレンサーの長さと直径が異なる2種類をラインナップ。上が長さ400mmのSTS110で直径は110mmとなり、下は長さ350mmのSTS100で直径は100mmだ
Z900RS用スリップオンマフラー by ノジマエンジニアリング
STS100、STS110ともにアップタイプのサイレンサーを採用しているため、タンデムステップの位置を変えて干渉をさけるためのタンデムステッププレートも付属している
問い合わせノジマエンジニアリング
電話番号0593-78-3505
Webサイトhttp://www.nojima-japan.co.jp
山下 博央

フリーランスライター&カメラマン




人気記事





カワサキイチバン