カワサキモーターサイクルフェア2019 RE:WIND

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

2月5日から2月17日にかけて神戸海洋博物館大ホールにて、カワサキモーターサイクルフェア2019 RE:WINDが開催された。メグロから始まるストーリをコンセプトに新旧のWとスーパースポーツの歴史が展示された。

メグロから始まるカワサキのヒストリー

カワサキモーターサイクルフェア2019 RE:WINDでは、W800ストリート/カフェをメインに、名車が展示されていた。そこにはカワサキ車の歴史を、時代背景を絡めて紹介もされていた。

メグロから始まるカワサキスポーツモデルのヒストリーを時代の流れを追うように展示し、最新のモデルまでを一堂に見ることができるまたとないチャンスだった。展示されている車両のセレクトも、その時代ごとに街角で一度は目にしたことがあるであろうモデルをセレクト。メグロに乗っていた祖父世代から現代のカワサキ車に乗っている孫世代まで、親子でも楽しめる展示内容だった。会場入口付近には参考出展として最新モデルのZ250やZX-6R、ヴェルシス1000SEが展示されていた。また、触れ合ってまたがれる車両としてW800カフェとZ900RSカフェが用意され、来場者は喜んでいた。

今年も展示の目玉として、昨年の開催で好評だった新旧モデルのエキゾーストノートを聞くことができるシステムが、メインステージに設置されていた。W1の爆音ともいえる迫力のあるサウンドに酔いしれ、W800ストリートのエキゾーストノートは上品なものの、よくぞここまで再現してくれたと思える音質だった。イベント最終日にはバイクメディアなどで活躍中の、ちぱるさんがカワサキ開発者とのトークイベントを開催。午前と午後の、二回の開催でトークイベント終了時にサイン会も行なわれた。

開催日時2019年2月5日(火)〜2月17日(日)
開催場所兵庫県・神戸海洋博物館 
主催カワサキワールド
Webサイトhttps://www.khi.co.jp/kawasakiworld/



人気記事





カワサキイチバン