2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J) 試乗インプレッション

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

さらなるバージョンアップをはたした2016年モデルのNinja ZX-14R。強化された足まわりはマシン特性をさらに高めるもので、「これほどのバイクが一般的に手に入れることができるとは」と現役レーサーも驚きを隠せないほどのレベルに達していた。

申し分ないエンジン特性。その性能は天井知らず?

印象的だったのは「軽くて乗りやすい」ということ。試乗前は排気量1,441ccと聞いて、重ったるいマシンじゃないかという先入観があった。また、試乗したこの日は路面状況がウェットで、気温も低いというバッドコンディション。最初は「あまり無理をせず走ろう」と思っていたが、乗り続けるうちにこちらの思惑以上の性能を発揮し始めた。

まるでサーキット仕様の足まわりを手に入れたZX-10Rのような軽さで、サーキットでも十分軽快に走れるほどの仕上がりになっている。ハンドル操作に頼ることなく、ステップとタンクホールドを使っての荷重移動だけで軽快に操れる。初めて乗るバイクでこんな路面状況下だというのに、しっかりとタイヤをマネージメントし、サスペンションの動きを感じ取りながら駆動力を引き出して駆け抜けていける。ここにブレーキング性能とサスペンションのグレードアップが活かされているようだ。それでいて、3,000rpmぐらいの低速域から4,000rpmぐらいまで上げていくと、マイルドながら力強いパワーを発揮してくれる。

スロットルを大きく開けた時は強烈に加速するものの、かといって全体的に荒々しさはなく非常に乗りやすい。完成度の高いバイクで、ライダーの能力以上のパフォーマンスが引き出せるレベルにあると言っていい。それをどう乗りこなすか。乗りやすいバイクだからこそ、しっかり操れる技術が必要になると強く感じた試乗だった。

2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J)
ツーリングライダーへの負担を最小限に抑えるライディングポジションを第一に考え、レーシーな側面を持たせつつもハイエンドなクルーザーを目指した仕上がりに
2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J) 前後
威圧感あるフロントマスクは高いウインドプロテクション性能を持たせたデザイン。マフラーが両サイドから突き出したリヤの印象とは裏腹に、車体は比較的スリムな設計となっている
2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J) ハンドル
アジア市場向けのNinja ZX-14Rは、欧米より小柄な体格という地域性を考慮して、ハンドルをライダーに近づけている。移動幅は上に13.2mm、ライダー側に13.3mm。なお、ハンドル幅は旧型よりも16.8mm広い
2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J) 足着き
[RIDING POSITION]身長180cm近くでは、カカトまで着地する余裕の足着きだ。800mmというクルーザー然としたシート高を考えれば納得で、それでいてステップ位置もヒザが曲がりすぎない設計だ(身長:179cm 体重:65kg)

仕向地により異なる仕様

日本を含む一部のアジア仕様とされるアップハンドルの他、タンデムグリップや荷かけフック、ロアカウルディフューザー、シングルシートカバー、タンデムグリップ、センタースタンドなど、北米や欧州、その他のアジア諸国と仕様が異なる。日本仕様はシングルシートカバーとロアカウルディフューザーが未着となっている。

2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J) ハイグレード仕様
[リヤショック:オーリンズ キャリパー:ブレンボ]ハイグレード仕様はゴールデンブレイズドグリーン/メタリックスパークブラックとメタリックカーボングレー/ギャラクシーシルバーのツートンカラーが、2モデルがそろう
2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J) ブレンボ仕様
[リヤショック:スタンダード キャリパー:ブレンボ]ブレーキングシステムがブレンボ仕様は、ゴールデンブレイズドグリーン/メタリックスパークブラックの他、メタリックマットカーボングレーが用意されている
2016年モデル Ninja ZX-14R(ZX1400J)
[リヤショック:スタンダード キャリパー:スタンダード]本仕様はメタリックマットカーボングレーの単色モデルのみ。ブラックオンリーのフルカウルモデルなので、かなりダークな印象が強いカラーリングといえる

主なスペック

車名 Ninja ZX-14R
マーケティングコード ZX1400J
全長×全幅×全高 2,170×780×1,170(mm)
軸間距離 1,480mm
シート高 800mm
車両重量 269kg
エンジン 水冷4ストロークDOHC4バルブ4気筒・1,441cm3
ボア×ストローク 84.0×65.0mm
最高出力 147.2kW(200ps)/10,000rpm
最大トルク 158.2N・m(16.1kgf-m)/7,500rpm
燃料タンク容量 22ℓ
タイヤサイズ (F)120/70-17 (R)190/50-17
価格 168万4,800円 ※価格はブライト調べ
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン