2008年モデル W650(EJ650) インプレッション

ページを共有

ヨシムラ

発売以来、フォルムを大きく変えることなくラインナップされてきたW650。そのフォルムには、どこかライダーを“ほっ”とさせる力がある。そして、その安心感は見ためだけでなく、走らせても感じられるのであった。

見ためだけでなく走っても楽しいレトロ

シートに腰かけ、ハンドルに手をかける。その瞬間、ライディングポジションがどうとか、ハンドルの高さがどうとか、足着きがどうとか、あれやこれやと考えるよりも、まずは、“ほっ”とする。確かに、ポジションや各機能の性能も大切。しかし、W650はそういったことよりも、「今、“オートバイ”にまたがっている」と、まっさきに心底実感させる力がある。そして、あとから走行性能に対する評価がついてくる。

フォルムに関しても同じこと。英国風だとか、W1の再来だとか、そういうことよりも、これが今のW650なんだよと。バーチカルツインエンジンの造形やティアドロップタンクなど、なにを継承したというより、現在では、W650といえばこのフォルムといったような域にある。

そのレトロなスタイルを、発売以来あれこれ変更することなく、カワサキは不変のまま維持。同じ傾向として、ゼファーやZRXなども大きくフォルムを変えることなく、長くラインナップされ続けている。カワサキは新しいことへ挑戦しパフォーマンスに執着する一方で、しっかりと伝統を守り続けている。ラインナップするモデルの進むべき道を割り切って、それらをシッカリと見すえてモデル展開してきているのだ。

2008年モデル W650(EJ650) インプレッション

W650にまたがると、そんなことが頭をめぐる。で、ポジションだが、これもまた違和感なくしっくりと身体になじむ。今回試乗したのはローハンドル仕様で、スッと腕を前にのばせば、そこにグリップが待っているといった状態。シートも程よく硬く、長距離を走ってもオシリは痛くならない。実に自然なポジション。細かいことをいえば、体格によっては足を着こうとするとステップが足に当たることもあるだろう。ただし、このステップ位置が走行するときには程よいポジションを与えてくれるのだ。前でもダメ、後ろでもダメ、W650のライディングポジションを考えるならちょうど今の位置がいい。バイクの大きな目的は、走らせるということ。そう考えると、まさにベストポジションなのである。

2008年モデル W650(EJ650)
バーチカルツインエンジンにキャブトンマフラー、ティアドロップタンクといったように、レトロなスタイルの王道を走るW650。写真はローハンドル仕様でアップハンドル仕様もラインナップされている
2008年モデル W650(EJ650)
2008年モデル W650(EJ650)
ローハンドル仕様といっても、ハンドルの位置は低すぎず、いたって自然なポジションを実現。フロントビューではバーチカルツインエンジンから伸びるエキゾーストパイプが印象的

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン