カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

ZRX1200 DAEG by アクティブ

アクティブが得意とする足まわりを中心に強化

ZRX1200 DAEG by アクティブ

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキバイクマガジンvol.126掲載記事(2017年6月1日発売)
山下 博央

生産終了がアナウンスされて久しいZRX1200ダエグだが、カスタムシーンにおいては根強い人気となっており、アクティブからもダエグ用のカスタムパーツが継続して開発が続けられている。

ダエグの可能性を広げるアクティブ渾身のニューパーツ

2017年の東京モーターサイクルショーでアフターパーツメーカー、アクティブのブースにはフルカスタムされたZRX1200ダエグ(以下、ダエグ)が展示された。そのダエグでは、同車の特徴でもあるビキニカウルはフレームマウントされ、前後サスペンションはハイパープロを装着。そしてスーパースポーツモデルのようなスイングアームに換装されていた。すでに発売されているアフターパーツが多く採用されていたが、開発中の参考出品パーツも合わせ、アクティブ渾身の製品がふんだんに用いられて製作された。そのダエグはどんなマシンなのか。その詳細をここで紹介する。

続きを読む...

東京モーターサイクルショーに向けてカスタム車を製作するにあたり、アクティブが掲げたテーマは“直感型”だった。バイクの基本となる“走る、曲がる、止まる”という三大要素をパーツの軽量化とバランスを徹底的に追求してセットアップし、乗ればすぐに劇的な変化を体感できるようなマシンを目指したという。そのなかでも走る、曲がるに大きく影響するのがハンドリングだ。

ハンドリングを向上させる一つの手法として、純正ではビキニカウルがフロントフォークにマウントされているのに対し、このダエグはアクティブオリジナルのカウルマウントステーを介して、フレームへのマウントへと変更した。また、ガソリンタンクをアルミ製に変更することで、車重を大幅に軽量化している。さらにスイングアームには、アクティブがネイキッド用スイングアームとして開発した、軽量で高剛性のプレスフォーミングスイングアームを採用。バネ下重量の軽減、そしてハイグリップタイヤの特性を引き出して、ダエグでスポーツライディングが楽しめる仕様へと昇華させている。

前後サスペンションはハイパープロで、日本の道路環境に合わせてリセッティングをほどこしたジャパンスペックを装備。また、“止まる”に関しては、同社がかねてより力を入れて開発しているブレーキまわりを装備。キャリパー以外のマスターやローター、ブレーキラインはアクティブ製品で制動力の向上はもちろんのこと、コントロール性の向上をはたしている。

なお、このダエグでは開発中のアフターパーツが装着されている。たとえば、足まわりの強化によって懸念されるフレームの剛性を補うため、ダウンフレーム補強バーを新たに追加して対策している。この補強バーはアルミの削り出しクランプを使うなど、重量も配慮されている。

ダエグはオールマイティに楽しめる素性のよさで人気を得ているが、カスタムすることで、さらにダエグの可能性は広げることができる。それにより、今までとは違うダエグを楽しむことができるようになるだろう。アクティブからは今後もダエグ用アフターパーツがリリースされる予定で、愛車の可能性を広げるためにも、今後もダエグオーナーは注目してほしい。

とじる


  • フロントビューは変わらないが、リヤタイヤは純正より太い190が装着されていることで迫力が増している。また、フェンダーレス、LEDウインカーがリヤタイヤの太さを引き立てる
  • ビキニカウルをフレームマウントとすることで、サイドビューはノーマルと大きく変わっている。スイングアームはスーパースポーツ車に採用されているようなデザインとなっている
  • ハンドルはファナティックのφ28.6アルミテーパーハンドル、スーパーロータイプで参考出品だ。ハンドルクランプはダエグスペシャルで同じく参考出品である
  • スロットルキット
    スロットルキットはEVO2だが、装着されているテーパードグリップは新素材エラストマーを採用した開発中もの。振動吸収性にすぐれグリップ力も高いという
  • ブレーキマスターシリンダー
    ブレーキマスターシリンダーは鍛造したアルミブランクから削り出し、高剛性とスリム化を実現したエラボレートで、可変レシオレバーのVREを装着する
  • ガソリンタンク
    塗装されているため気付きにくいが、ガソリンタンクはアクティブ×ビーターのアルミタンク。車体の大幅な軽量化に貢献している
  • ビキニカウル
    ビキニカウルをフレームマウントにすることで、軽快なハンドリングが可能にするカウルマウントステー。もちろん、ボルトオン設計だ
  • ホイール
    ホイールはゲイルスピードのタイプGP1Sで、カラーは半ツヤブラックとなる。ローターもゲイルスピードのクロスロックディスクローターでφ310mmとなっている
  • テールまわり
    同社定番のフェンダーレスキットと、ライセンスホルダー付きLEDウインカー、そしてリフレクターキットを使いすっきりとしたテールまわりを演出
  • ラジエターサイドカバー
    ラジエターサイドカバーは参考出品のもので、走行風を利用してエンジン冷却を促す形状としている。ラジエター下には開発中の補強バーが備えられている
  • マフラー
    マフラーは鋭意開発中のアクラポビッチで、ネイキッドによく合う4-1集合だが、構造的には4-2-1集合となっている。政府認証取得を予定している
  • 吸気系
    吸気系は純正クリーナーボックスを外して装着するエアフィルターキットを開発中。ブローバイガス対策のクランクケース用フィルターも付属したキットを予定
  • ステップまわり
    ステップまわりはノーマルのままで、ステップバーのみグリップ性を重視した開発中のアルミステップバーが装着されている
  • ハイパープロ正立フロントフォークをオフセット可変タイプのアクティブのコンバーチブルステムキットを介して装着する。フロントフェンダーはネクスレイとなる
  • リヤショック
    リヤショックもハイパープロで、前後とも日本専用仕様となるジャパンスペックとなる。なお、スプリングはイージーオーダーのバイオレットパープルだ
  • スイングアーム
    ネイキッドでスポーツライディングを楽しめるよう開発されたスイングアーム。縦方向は剛性を高め、横方向は適度なしなりを持たせ、タイヤの接地感を高める
問い合わせアクティブ
電話番号0561-72-7011
Webサイトhttp://www.acv.co.jp
山下 博央

フリーランスライター&カメラマン





人気記事





カワサキイチバン