1989ZEPHYR

性能主義に明け暮れていた時代に突如登場した古風なスタイルで我が道を進んだ。

名車列伝

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

Photo by Daisuke Takeda

このモデルの登場以前にも、他メーカーで、あえてカウルが装着されていないモデルは存在した。しかし、そのスタイルを確立させるムーブメントを起こすまでではなかった。ネイキッドブームを作り上げたゼファーよ、永遠なれ。

二輪史上まれに見るといっていいほどバイクが大ブレイクしていた80年代、一般ユーザーの注目を一挙にさらっていたのはレーサーレプリカだった。鈴鹿8時間耐久レースでは、近くを流れる川のほとりまで、テントを張って泊まり込むライダーであふれた。また、サーキットの走行予約さえ、なかなか取ることができなかった。この時代に、速く走らせることとはほど遠い、むき出しの空冷エンジンを搭載し、アップハンドル・丸目ヘッドライトのスタイルを持ったゼファーが新しく登場するとは誰が予想しただろうか。

性能第一主義の時代に突如登場したゼファー

89年、ゼファーは登場した。400ccクラスの自主規制値59psギリギリをねらったモデルが主流だった時代に、ゼファーに与えられた馬力は46ps。当初は、遅い・重い・止まらないなどと、酷評されもした。しかし、性能ばかりが先行して、一般ユーザーの技量の範ちゅうから、バイクの性能がかけ離れすぎてきたこの時代、性能第一主義に対してライダーは疲れを見せ始めていた。そのとき目にとまったのがゼファーだった。

そもそも、ゼファーを開発する話が出始めたのは86年ぐらいのこと。実は当時、Z1生産開始の話が具現化されつつあった。復刻版ではなく、70年代当時そのものの状態での生産である。結局その計画は実現しなかったが、ここにヒントを得て、ゼファーの開発が始まったのである。

ゼファーを製作するに当たって、いくつかの基本イメージが掲げられた。“カワサキらしいストリートスポーツで美しい空冷直4エンジンを誇示する”・“流行に左右されないロングライフモデルを作る”・“常用域のスポーツ性重視”。いうなれば、深い味のあるバイクで、突出した性能ではなく、日常のバイクライフのなかで気軽に乗れるようなバイクといったところか。

いたって自然体で肩ヒジ張らないスタンスで乗れるこのモデルが、見事なまでにユーザーの心をとらえたのである。ゼファーが登場したとき、ホンダからはCB-1、スズキからはバンディットがラインナップされていた。しかし、ゼファーは両モデルとは明らかに違うクラシカルなスタイルと味を持って、ユーザーの心をガッチリととらえたのである。

続きを読む...

レーサーレプリカブームからネイキッドブームへの移行

厳密にいえば、ヤマハのFZ400Nからネイキッドという言葉が一般的になったが、ジャンルを確立するまでには至らないでいた。しかし、ゼファーの登場後、他メーカーも、水冷エンジンでありながら、あえて冷却フィンを付けるなど、まるでゼファーのスタイルを意識したかのようなモデルをリリース。ここにネイキッドというジャンルが生まれ、同時に、二輪界はレーサーレプリカブームからネイキッドブームへと移行していったのである。

400ccクラスの空冷4気筒エンジンを決定するにあたり、まさにドンピシャリのエンジンがあった。Z400FXのエンジンの流れにある空冷エンジンである。ゼファー開発当時、この後継機種に当たるGPz400Fがラインナップされており、ゼファーの基本イメージからして、このモデルのエンジンをベースとすることは、当然の流れだった。

ゼファーに採用するに当たっては、油温の上昇に対応するためオイルクーラーを採用。マフラーは開発の段階で、4本出しのタイプが製作されていたが、最終的にはメッキ処理されたメガホンタイプに落ち着く。ゼファー誕生以前にはGPz400FⅡがメッキ処理のメガホンマフラーを採用していたが、ゼファーではショートタイプとしデザイン性も重視された。

46psという数値に関しては当初、他の同クラスのモデルと比較して劣るように思えたが、ふたを開けてみれば、扱いやすさが高じて支持さえ受けたほど。その後、ゼファーは2バルブから4バルブへと変更を受け、ゼファーχとしてモデルチェンジする。

そしてときの流れとして、一つの時代が終焉を迎えた。ゼファーχの生産終了である。ゼファーの登場からちょうど20年、Z400FXから始まる空冷4ストロークDOHC4気筒400ccクラスエンジンの歴史に幕が下ろされる。これは同時に、すべての排気量を含め、カワサキ4ストローク空冷4気筒エンジンの生産終了を意味する。カワサキの一つの歴史が幕を下ろしたのだ。

ゼファーの発売が開始された1989年(平成元年)の出来事

昭和天皇が崩御、元号が昭和から平成に変わる/税率3%の消費税法が施行/ベルリンの壁が崩壊/手塚治虫、美空ひばり、松田優作が死去/天安門事件が勃発/神奈川県の横浜ベイブリッジが開通/千葉県に大型会議・展示施設“幕張メッセ”が開業/主な公開映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」「ブラックレイン」

とじる


  • 外装やエンジンだけでなく、採用されたダブルクレードルフレームやツインショックも、ゼファーのクラシカルなスタイルを語るうえで大切な要素となる。また、ツインショックのリザーバータンクには段が付けられている。このタイプはZ1000RやZ1100Rなど80年代のネイキッドに採用されていたリザーバータンクのイメージで、クラシカルさを演出
  • 外装やエンジンだけでなく、採用されたダブルクレードルフレームやツインショックも、ゼファーのクラシカルなスタイルを語るうえで大切な要素となる。また、ツインショックのリザーバータンクには段が付けられている。このタイプはZ1000RやZ1100Rなど80年代のネイキッドに採用されていたリザーバータンクのイメージで、クラシカルさを演出
  • 丸目ヘッドライトに丸型ウインカー、そしてむき出しの空冷エンジンといったように、70年代のイメージがあふれるフォルム。フルカウルをまとったレーサーレプリカが全盛を極めた時代に、このスタイルのモデルが登場したとは、ある意味おどろきである。しかし、発売当時でもこのスタイルははるか昔のもの。逆にこのスタイルが新鮮に感じられたともとらえられる
  • 丸目ヘッドライトに丸型ウインカー、そしてむき出しの空冷エンジンといったように、70年代のイメージがあふれるフォルム。フルカウルをまとったレーサーレプリカが全盛を極めた時代に、このスタイルのモデルが登場したとは、ある意味おどろきである。しかし、発売当時でもこのスタイルははるか昔のもの。逆にこのスタイルが新鮮に感じられたともとらえられる
  • メーターは90年式のC2型まで、スピードメーターとタコメーターの外径が異径となり、ケースもブラックのタイプが採用される。90年式のC3型からメッキ処理された砲弾型に変更を受ける
  • メーターは90年式のC2型まで、スピードメーターとタコメーターの外径が異径となり、ケースもブラックのタイプが採用される。90年式のC3型からメッキ処理された砲弾型に変更を受ける
  • ウインカーはクラシカルなイメージをかもしだす丸型のタイプで、ケースもメッキ処理される。このイメージはゼファーχまで共通だが、90年式のC2型まで薄型ケースを採用していた
  • Z1にヒントを得て開発がスタートしたゼファー。スタイルもZ1のイメージに近いが、タンクを完全なティアドロップタンクとするのではなく、わずかにエッジを効かせるなど差別化を図る
  • スイッチボックスはゼファーχでは丸みを帯びたタイプが採用されるが、年式が古くなると角型タイプとなる。ある意味時代を感じる部分だ。ライトのオン/オフスイッチも装備
  • スイッチボックスはゼファーχでは丸みを帯びたタイプが採用されるが、年式が古くなると角型タイプとなる。ある意味時代を感じる部分だ。ライトのオン/オフスイッチも装備
  • 400ccクラスとしては、Z400FXにルーツを持つゼファーのエンジン。ゼファーの基本イメージの一つとして、見せるエンジンというものもあった。そそり立ったヘッドカバーもポイント
  • クラシカルなイメージを持たせるため、マフラーはメッキ処理されたショートタイプのメガホンマフラーを採用。96年のゼファーχへのモデルチェンジと同時に若干長くなる
  • タンク同様、いわゆる70年代の丸Zのスタイルと差別化を図るために、テールカウルも流線型ではなく、エッジを聞かせたデザインとする。テールランプも角型の採用となる
  • フロントはダブルディスクブレーキ。キャリパーは、ゼファーχにモデルチェンジされる前年の95年式まで、異径2ポットキャリパーが採用。ディスクホールも年式によって変わる
  • リヤブレーキは92年式のC4型まで、2ポットキャリパーを採用。93年式のC5型から1ポットキャリパーとなる。フロント同様、ディスクローターは年式によりホールなどが異なる
  • 400、750、1100というシリーズのうち、ゼファーのみスイングアームの表面が段付きのタイプとなる。また、チェーン調整機能はシリーズ共通して、エキセントリック式が採用される






カワサキイチバン