カワサキ名車列伝

カワサキが誇る伝説の名車の数々を美しい写真とともに紹介

1984-85GPZ900R/GPZ750R

Zを越えたフラッグシップがついに完成

1984 GPZ900R/1985 GPZ750R

ページを共有

PR ヨシムラ

Z1の登場から10年。カワサキが新たなテクノロジーを結集させ誕生したフラッグシップ。その圧倒的な存在感と運動性能はまたたく間に世界を手中に収めた。そして30年以上時を経た今もなお、一線級の魅力を放ちながらストリートを駆け抜けていく。

卓越した性能とルックスはライバル不在で、またたく間に世界中のライダーを魅了していった

Z1を誕生させ、70年代のバイクシーンにおいて大成功を手にしたカワサキだったが、あらゆるテクノロジーが劇的に進化していく時代にあって、Zの栄光にいつまでも頼っていられないことは、カワサキ自身がよく把握していた。

そうしたなか、80年代目前の1979年、次世代をになうまったく新しいマシンの開発は始まった。コード・ナンバー990。かつてZ1を作り上げ、市場に衝撃を与えたカワサキにとって、この990はその衝撃を超えた存在でなければならない、ということが、暗黙のうちに宿命づけられていた。とくに心臓部であるエンジンに関しては、あらゆる点で概念を打ち消す努力が図られた。その結果、長年こだわり続けた2バルブへの固執を捨て、初めて4バルブを採用し、同時に空冷も廃止。最終的に開発陣は“水冷4バルブ4気筒こそが新時代を担う真の最速ユニット”と決断したのだった。

1984 GPZ900R
1985 GPZ750R
1984 GPZ900R
1985 GPZ750R

当然、エンジン以外にも空力、フレーム、足まわりへと新技術が続々と投入され、1983年、ついに新型マシンが完成する。そのカワサキこん身のマシンはGPZ900R“ニンジャ”と名付けられた。

そして、1984年デビュー。この独創的なスタイルに最速の走りを有したニンジャは、すべてにおいてライバル不在であり、世界中のライダーをとりこにし、各国でバイク・オブ・ザ・イヤーを手中に収めた。同年、兄弟機GPZ750Rも登場。スペックこそ空冷GPz750Fと大差ないものであったが、実測で230km/hをクリアする世界最速のナナハンはニンジャの基本性能がいかにすぐれていたかを示している。

いずれにせよ、その斬新なスタイリングと高い動力性能をかねそなえたニンジャはライダーたちの圧倒的な支持に支えられ、マイナーチェンジを重ね、なんと20年ものロングセラーをほこるマシンとなったのである。リッタークラスのスポーツバイクでこんなマシンは、地球上でニンジャをおいて他には存在しないだろう。

1984 GPZ900R

1984 GPZ900R
1984 GPZ900R
1984 GPZ900R
Z1に続く次世代の新900cc。それがGPZ900R“ニンジャ”であった。この形ができるまで空冷2バルブ〜水冷6気筒〜空冷4バルブとテストが繰り返され、90度クランクも考えられたりと、最高の最速マシンを作るために、ありとあらゆる可能性が模索された。最終的には直4・4バルブ・水冷の組み合わせが選ばれ、それが後のカワサキ、ひいてはスーパースポーツの基本的スタイルになった。さらにニンジャはモーターサイクル初のサイドカムチェーンや6速ミッションの採用、空気抵抗を限りなく減らすCd-A値(空気抵抗値)0.33を実現。16インチホイールの装着など、随所に新技術が投入され、その成果はゼロヨン10秒台、最高速は250km/h以上をマークするという当時比較するものがないほど高次元なマシンに仕上がっていた。つまりニンジャは世界を再びZ1かそれ以上の衝撃で包むことに成功したのである

1985 GPZ750R

1985 GPZ750R
1985 GPZ750R
1985 GPZ750R
日本とヨーロッパ向けにGPZ750Rも生産された。外見だけでは900Rとの大きな違いは見受けられない。中身に関してはボア・ストロークを72.5×55mmから70×48.6mmにし、パワーは77ps/9,000rpm、トルク6.50kg-m/7,000rpmとスペック的には1984年発売の空冷GPz750Fと変わらない。しかし、実際の走りは最高速230km/hをほこり、同時期の750turboよりも速く、世界初の直4・4バルブ・水冷ナナハンは世界最速の最強ナナハンでもあったのだ

GPZ900R&750Rが発売になった1984年(昭和59年)の出来事

怪人21面相のグリコ・森永事件/“ロス疑惑”で報道合戦過熱/“投資ジャーナル”グループ摘発/植村直己マッキンリーで消息絶つ/流行語“まる金”“まるビ”/映画「インディ・ジョーンズ」「麻雀放浪記」「風の谷のナウシカ」「瀬戸内少年野球団」放映/紅白歌合戦で都はるみが「普通のおばさんになりたい」と引退


ギャラリー
  • 1984 GPZ900R
    ニンジャのカウルは見た目だけでなく、空気抵抗減少に多大な貢献をするものであった
  • 1984 GPZ900R
    GPZ900Rのバックビュー
  • 1984 GPZ900R エンジン
    世界初の直4・4バルブ・水冷・サイドカムチェーン・6速ミッションといったスタイルは、その後スーパースポーツの指針となった
  • 1984 GPZ900R メーター
    メーター類は左がタコメーターで、右がスピードメーター。750Rとは逆になっている。最高速は270km/hまで表示
  • 1984 GPZ900R マフラー
    フルパワーの初期型のマフラーは長めで口径も広かったが、A7からは出力規制に対応するため形状がわずかに異なる
  • 1984 GPZ900R キャブレター
    キャブレターはA1ではCVK34のブラックを装着。この後も基本的にはCVK34だが、カラーリングがシルバーになったり、温水ラインが加わるといった変更が行なわれる
  • 1985 GPZ750R
    GPZ750Rのフロントビュー。スクエアタイプのヘッドライトが強烈な存在感を放つ
  • 1985 GPZ750R
    独自のアッパーカウル同様、長方形のテールランプもニンジャの象徴的な部分だ
  • 1985 GPZ750R エンジン
    900Rと同じ外観となる750Rのエンジン。ボア、ストローク、圧縮比など排気量に合わせて変更されているが、最高速は230km/hとクラス最速をほこった
  • 1985 GPZ750R メーター
    750Rはタコメーターとスピードメーター表示が入れ換わり、最高速表示も180km/hと国内の基準に合わせたものに
  • 1985 GPZ750R フロントフォーク
    900R/750RともにフロントフォークにはAVDS(オートマチック・バリアブル・ダンピング・システム式アンチダイブ)が装着されこのスタイルはA6まで継承

PR




人気記事





カワサキイチバン