カワサキ名車列伝

カワサキが誇る伝説の名車の数々を美しい写真とともに紹介

2008Ninja 250R

新時代の到来を予感させたクォーター・スポーツ

2008 Ninja 250R(EX250K8F)

ページを共有

PR ヨシムラ

2000年代に入り、新たなスポーツモデルの投入がなかったクォータークラスに、カワサキは意欲的なブランニューモデルを誕生させる。そしてフルカウルを身にまとったこのマシンには、新時代のNinjaイズムが注入されていた!

大型免許が教習所で取れるようになり、大型クラスも気軽に乗れるようになると、国内外のメーカーが魅力的なビッグバイクを投入してきた。それに対してミドルクラスにおける新型車の投入は著しく減ってしまう。また、度重なる排気ガスの規制によって、そのままでは規制値をクリアできないモデルたちが、続々とカタログ落ちをしていった。スクーターをのぞいたミドルクラス市場は、急速に縮小してしまったのだ。とくに80年代から90年代前半に一世を風靡した、レーサーレプリカなどのフルカウルモデルたちは、ほとんど姿を消していたのだった。

ミドル、とくに250ccには、この先フルカウルモデルが投入されることはないのでは?とささやかれはじめた2008年、カワサキが満を持して投入したのが、ニンジャ250Rであった。

「ニンジャ」は、カワサキのスポーツバイクに冠せられるペットネームだ。元祖・ニンジャといえばGPZ900Rだが、それ以降もZX-9RやZX-10Rなど、数々のモデルに採用されてきた経緯がある。「ニンジャ」が冠せられるバイクの定義には諸説あるが、一般的に持たれているイメージと言えば「本格的に走りを意識したモデル」という感じではないだろうか。

2008 Ninja 250R(EX250K8F)

2008 Ninja 250R(EX250K8F)

伝統の並列2気筒エンジンを搭載した、“誰もが楽しめるフルフェアリングスポーツ”

ニンジャ250Rの外観から受ける印象は、まさに「250cc版スーパースポーツ」だ。要所要所にエッジを効かせたフルフェアリングデザインはいかにもカワサキらしく、フェアリングのサイドに入った“Ninja”の書体も当然他のニンジャシリーズと同様のもの。足まわりに目を向ければ、前後に外径290mmのペタルディスクを採用。シングルディスクなので「ビッグバイクと見まごうほど」とまではいかないが、やはり存在感の大きなパーツといえるだろう。またヘッドライトにはアグレッシブな印象を持つデュアルヘッドライトを採用しており、当時のカワサキの「スポーツテイスト」をデザインに色濃く反映していると言っていいだろう。

そして、ニンジャ250Rにおいてもっとも特徴的な部分といえば、やはりエンジンだ。カワサキの250ccクラスのエンジンには、バリオス系の4気筒エンジンがある。これを採用すればさぞかしスポーティになるかと思いきや、ニンジャ250Rが搭載するのは並列2気筒エンジン。このエンジンはZZR250から受け継いだもので、ボア×ストロークの数値も同じ。時代を反映して燃料供給方式はフューエルインジェクションとなり、環境性能を向上させた結果からなのか、最高出力も35ps→31psと、若干ながら低下している(もっとも当時のバイクすべてに言えることなのだが)。ただしカワサキにとって、この並列2気筒エンジンの歴史は長い。そもそも、ZZR250に搭載されていたエンジンもGPZ250Rから受け継いだものであり、エリミネーター250やKLE250アネーロなど、同系エンジンを搭載したモデルも数多い。言わばニンジャ250Rは“伝統の名機”を新世代に受け継ぐ継承者だと言えるだろう。

2008 Ninja 250R(EX250K8F)
2008 Ninja 250R(EX250K8F)
2008 Ninja 250R(EX250K8F)
2008 Ninja 250R(EX250K8F)
2008 Ninja 250R(EX250K8F)
パラレルツインエンジンを採用するためか、スリムなイメージが際立っている。小さいながらも、スタイリングはまさに「スーパースポーツ」そのもの。ベテランライダーにも思わず「乗ってみたい!」と思わせるような、元気さが伝わってくるフォルムが魅力的だ

Ninja 250R ライディングポジション
2008 Ninja 250R(EX250K8F)
セパレートハンドルだが極端な前傾ポジションにはならない。グリップ位置も遠くないので、ハンドルを切っても腕に余裕がある。シートはやや固めで、スーパースポーツモデルを意識した作り。足着きはカカトがベッタリと着き、ヒザにも余裕があった(ライダー/身長:171cm 体重:50kg)

Ninja 250R(2008年モデル)

2008 Ninja 250R(EX250K8F)
ライムグリーン
2008 Ninja 250R(EX250K8F)
エボニー
2008 Ninja 250R(EX250K8F)
キャンディプラズマブルー

Ninja 250Rが発売になった2008年(平成20年)の出来事

時津風部屋力士傷害致死事件で元時津風親方と同部屋力士3人逮捕/故三浦和義元被告、サイパンでロス市警に逮捕される/中国四川省で四川大地震発生、多くの死傷者と被災者を出す/北京五輪開幕/福田康夫首相が辞意、麻生太朗が92代首相に就任/米リーマンブラザーズが経営破綻、金融危機が世界に拡大(リーマンショック)/映画「レッドクリフ」/ヒット曲、GReeeeN「キセキ」/羞恥心「羞恥心」


ギャラリー
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) メーターパネル
    メーターパネルには、大型のスピードメーターのほか、タコ、オド、トリップ、水温計、警告灯を備える
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) セパレートハンドル
    セパレートハンドルを採用するが、幅は広めで位置も高め。自然なライディングポジションを取ることができる
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) テールカウル
    スリムなテールカウル、そしてライダー側とタンデマー側がはっきりと分かれたシートがいかにもスポーツバイク的だ
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) タンデムシート下
    車載工具はタンデムシート下。U字ロックも収納できるように考慮されているが、それ以上の収納スペースはない
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) リヤサスペンション
    リヤサスは1本タイプ(ユニトラックサスペンション)。5段階のプリロード調整が可能
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) マフラー
    グッと上方に跳ね上げられたマフラー。メッキの輝きも美しい。コレクターパイプ内とサイレンサー内にハニカムキャタライザー装備し、環境性能にも配慮している
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) フロントブレーキ
    フロントブレーキはシングルディスクとなり、φ290mmのペタルディスクを採用する
  • 2008 Ninja 250R(EX250K8F) リヤブレーキ
    フロントと同様、リヤブレーキにもペタルディスクを採用している。ちなみにホイールサイズは前後とも17インチ

PR




人気記事





カワサキイチバン