ページを共有

ヨシムラ

カワサキ車は新旧問わず、多数のマフラーやステップなどアフターパーツが豊富で、カスタム熱が非常に高い。Ninja ZX-25Rに関しても多数のパーツ展開が見込まれている。そこで車両販売を前に、各社の展望を聞いてみた。今回はデイトナだ。

カスタムパーツメーカーに聞くNinja ZX-25Rパーツの展望 – デイトナ

利便性向上パーツの人気は不動と予想。しかしそれ以外の要素も提案予定

近年では利便性や快適性を重視したパーツを多数ラインナップ展開する総合パーツメーカーのデイトナ。はたしてNinja ZX-25Rに対する注目度はと尋ねてみたところ、同社としても注目をしていて、販売後の動向にも注視しているとのことだった。

「ただ、アフターパーツの人気動向は従来と大きく変わることはないと思います。では何が人気かと言いますとリヤキャリアやスマホホルダー、フレームスライダー、USB電源ソケットですね。これらは年齢層やモデルのタイプを問わず、あらゆるバイクで人気です。ですので、Ninja ZX-25Rでも同じくこれらのパーツが人気を博していくと思います」

『スーパースポーツだからこれが売れる、あれは売れない』といったこともなくはないが、モデルやユーザーを問わず人気のパーツとは、いずれも利便性や快適性を重視・強化するためのパーツだ。そういったパーツ類は同社が得意とするジャンルでもある。ゆえにパーツ開発もできるだけ早期に開始する予定で、新車もすでに手配ずみ。

「当初の開発予定としては、マルチマウントバーやエンジンプロテクター、キャリアなどを検討しています。その他は車両が届いたのち、実車を確認しながら検討することになります。それと、あとは汎用品の適合をいろいろとチェックしてみて、いろんなパーツでカスタムを楽しんでいただける手助けとなれればと考えています」

デイトナではプレミアムゾーンと名付けられた高級・高品質志向のアルミ削り出しパーツなども用意されている。ただ、Ninja ZX-25Rに関してはこのプレミアムゾーンではないカテゴリーでも、手軽にカスタムを楽しめるモノも用意したいとのこと。

「おそらくですが、Ninja ZX-25Rのユーザーには若い年齢層の人たちも比較的多く含まれると思っています。250㏄フルカウルスポーツは今の若者に人気ですし。そういったユーザーにもカスタムをもっと身近に接していただきたいと考えています。スマホホルダーやUSB電源は若い人たちも購入するでしょうが、利便性向上以外にも愛車に手を入れる楽しさを知っていただきたいし、今後さまざまな提案を行なっていきたいですね」

カスタムパーツメーカーに聞くNinja ZX-25Rパーツの展望 – デイトナ
まだ車両がないのですべて他車種用の装着イメージとなるが、こういったパーツ類は車種を問わず、ユーザー層を問わず人気だ。Ninja ZX-25Rでも同じように人気を博すとデイトナでも予想
カスタムパーツメーカーに聞くNinja ZX-25Rパーツの展望 – デイトナ
エンジンオイル注油口のフィラーキャップを一例として挙げられたが、同種のようにボルトオンで手軽に視覚的な変化が得られるようなパーツによるカスタムの楽しさを提案したいとのこと
問い合わせデイトナ
電話番号0120-60-4955
URLhttps://www.daytona.co.jp



人気記事





カワサキイチバン