ページを共有

ヨシムラ

トリックスターからZ H2用カスタムパーツが新登場

足着き改善のリンクキットがリリース

各種レース活動を精力的に行なっているトリックスターから、Z H2用パーツが2つリリースされる。

Z H2はスーパーチャージドエンジン採用とは思えないほど低中回転域が非常にマイルドな出力特性に味付けされており、誰もがスーパーチャージドエンジンというスペシャルな存在に触れやすい、フレンドリーなキャラクターを備えている。

しかしながら、シート高が830㎜もあるため「誰にでも・いつでもフレンドリーな存在」とはいいがたいのも事実。そこでトリックスターはローダウン用リンクを製作。リンクロッドを同社製に変更するとシート高が20㎜下げられるのだ。シート高810㎜になれば足が届かなくて乗ることを断念するようなことが随分と回避されるはず。足着きに不安を抱えるのなら、導入を検討したいところだ。

トリックスター Z H2 ローダウンリンクキット

Z H2 ローダウンリンクキット

価格:1万780円(税10%込み)

カスタムシーン定番のマフラーも新登場

トリックスター Z H2(2020〜) レーシングスリップオンマフラー IKAZUCHI

また、スポーティな特性を発揮させるべくトリックスター最高峰ブランド”IKAZUCHI”の名を冠したスリップオンマフラーも新登場。

まずチタン製の中間パイプはウェルドクラフトと呼ばれる製法を採用するのが特徴。この“ウェルドクラフト”とはパイプを細かく輪切りにしてそれぞれを溶接し、パイプを曲線的に構成させる製法のこと。一般的にマフラーのパイプはベンダーで曲げられているが、曲げると内部が変形し、断面がD形状になっていることもめずらしくない。しかし溶接して接続すればパイプ内部は真円をたもてるため、排気効率を損なわないとMotoGPレーサーなどでも使用される製法なのだ。

サイレンサー本体はフルチタン製となり、トリックスターレーシングがEWC世界耐久選手権でも採用しているスペシャル内径仕様“L5YT”として、排気特性を追求している。

オイル交換・オイルフィルター交換ともに装着時のまま対応。純正オプションパニアケース装着にも対応する。ただしレース専用品なので公道使用不可・車検非適合品なので注意いただきたい。

トリックスター Z H2(2020〜) レーシングスリップオンマフラー IKAZUCHI

Z H2(2020〜) レーシングスリップオンマフラー IKAZUCHI

価格:15万1,800円(税10%込み)

問い合わせトリックスター
TEL052-908-1486
URLhttps://www.trickstar.jp



人気記事





カワサキイチバン