Kawasaki Z&ゼファーミーティング in 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

2018年全日本ロードレース最終戦の鈴鹿サーキットにおいて、関西Z会が主催し、関西ゼファークラブと単車塾、そして鈴鹿サーキットの協力を得てパレードランを行なった。

水煙を上げて疾走するカワサキ空冷4発

イベントの当日はあいにくの雨となり、参加人数も当初の予定を下回ってしまったものの、それでも全員で60名ほどが参加し、会場となったGPスクエアの一角をカワサキ一色に染めていた。

朝集合した参加者たちは、レースを観戦したり、GPスクエア内のブースなどを見て回るなど、それぞれが思い思いに時間を使い、昼のパレードランに備えていた。

午前のレースが終了してピットウォークが始まると、参加者たちは待ってましたとばかりに自慢の愛車にまたがると、ホームストレート脇からレーシングコースになだれ込み、フルコースを1周するパレードランを行なった。サーキットに訪れていたレースファンはもちろん、ピットのレース関係者も、轟音をとどろかせて走る空冷4発の大集団を驚きの表情で眺めていた。

開催日時2018年11月4日(日)
開催場所三重県・鈴鹿サーキット
主催関西Z会



人気記事





カワサキイチバン