ページを共有

[PR] YOSHIMURA

2018年モデルで、ニンジャ250ベースのシャシーに399cc並列2気筒エンジンを搭載するスポーティなモデルへと生まれ変わったニンジャ400。その新型ニンジャ400をベースとしたストリートファイター・Z400がZシリーズに新たに加わった。
販売価格はニンジャ400比で4万8,600円安の66万7,440円となり、Z250同様に2019年2月15日からの販売開始予定だ。
カラーリングはライムグリーン×ブラック・ホワイト×ブラックの2色をラインナップする。

Z250同様の凝縮感あるスタイリングを採用

基本的なエンジン&シャシーはニンジャ400を踏襲しつつ、スタイリングはZ250と同様の“Sugomi”を表現するデザインを踏襲。

コンパクトかつアグレッシブなデザインのLEDヘッドライトやミニマムなシュラウド、Z650同様のメーターパネルなどを採用することにより、Zシリーズらしいスポーティなイメージが表現されている。また、従来モデルよりも幅を少し広げることで低速域での操作性向上を狙ったバーハンドルを採用している点もZ250と同様だ。
なお、車両重量はニンジャ400比で1kg軽量な166kgに仕上げられている。

新型ニンジャ400の詳細はコチラの記事で

[Ninja 250]新型の2018年モデルが2月1日より国内販売開始! CBR250RRやYZF-R25など、ライバルモデルたちとの違いとは?

2019年モデル Z400

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン