東北ニンジャ交流会

[PR] YOSHIMURA

カワサキバイクマガジンvol.135掲載記事(2018年12月1日発売)

東北でニンジャ系の集まりがあると聞き、今回初めて取材に参加した東北ニンジャ交流会。緩やかな雰囲気のなか、バイク談議に花を咲かせるノンビリしたミーティングのようすをお届けする。

ニンジャ以外も歓迎! 幅広く緩く集まろう

今回訪れた東北ニンジャ交流会。“GPZ900Rのみ忍者と呼ぶ会”の集まりで知り合った人同士が中心となり、独自にスタートしたミーティングだ。年に数度、不定期で集まっており、2018年で3年目を迎えている。去年は4回実施されたが、今年はタイミングが合わずに10月になって最初の開催となった。

さて、当日は朝から快晴。関東だと気温が20〜25度近い日が多かったためか15度近い朝夕は肌寒く感じられたが、バイクで走るにはちょうどいい季節だ。天気もよく、よく晴れて気温もぐんぐんと上昇し、それにつれて参加者たちも次々と会場に到着。最終的には34台のGPZ900Rと17台の他車種が集まり、あちらこちらでバイク談議に花を咲かせていた。

そこでふと思ったが、GPZ900R以外の参加者が意外と多い。もともとGPZ900Rの集まりだと思っていたが、実はそうではなかったらしい。主催者の一人(※運営は三人共同)となる小菅さんに話を聞いたところ、型にハマらず広くニンジャ系を歓迎しているとのこと。
「そこは固く考えず、排気量や型式などにもとらわれず、緩やかな交流の場にしてもらえれば。また来年も不定期ですが開催予定なので、フェイスブックなどをチェックしてもらえればうれしいです!」

開催日時2018年10月8日(月・祝)
開催場所宮城県 ・ 道の駅七ヶ宿
主催小菅 誠・岡崎茂明・升 陽平



人気記事





カワサキイチバン