2018年モデル Ninja ZX-10R SE

ページを共有

ヨシムラ

2018年モデルとして初登場したNinja ZX-10R SEは、Ninja ZX-10Rに電子制御サスペンションを装備することで、多くのライダーがあらゆるシチュエーションにおいて、最適セッティングで走りを楽しめるように企画されたモデルである。

量産車に初採用されたサスストロークセンサー

高性能化したマシンでは、サスペンションセッティングが合っていないと、本来の性能を発揮できず、うまく走れず楽しくもない。そこで、あらゆる条件において、多くの人たちが安全に楽しめるように開発されたのが、カワサキとショーワが共同開発したKECS(カワサキ・エレクトロニック・コントロール・サスペンション)だ。

ロード、トラック、マニュアルの3モードを選択でき、サスペンションストローク、車速、加減速Gから最適の減衰力に制御されるというシステムで、このKECSは他の電子制御サスペンションにない優位性を備えている。量産車にとって初となるストロークセンサーを前後に装備することで、情報をダイレクトに検知し制御、さらにソレノイドバルブでダイレクトにバルブ制御できるため、応答性が格段に高いのだ。

さらに、状況に応じて瞬時に減衰力を最適に制御できるので、ベースとなったバランスフリーフォークとバランスフリーリヤクッションライトのすぐれた素性が、そのまま活かされているというわけだ。

マルケジーニのアルミ鍛造ホイールとクイックシフターも装備されたSEは、大変に魅力的である。

2018年モデル Ninja ZX-10R SE クイックシフター
SEに採用された最新のKQS(カワサキ・クイック・シフター)は、アップでもダウンでも有効で、2,500rpm以上なら、クラッチとスロットル操作の必要もなくシフトが可能だ
2018年モデル Ninja ZX-10R SE マルケジーニ アルミ鍛造ホイール
前後ホイールには、マルケジーニと共同開発されたアルミ鍛造製を装備。ハブ部に重量を集中させた感性モーメントを低減させ、軽快で俊敏なハンドリングを実現している

KECS(カワサキ・エレクトロニック・コントロール・サスペンション)

2018年モデル Ninja ZX-10R SE フロントフォーク

セミアクティブサスペンションと呼ばれる電子制御サスペンションは、走行条件に応じて常に減衰力を最適に自動調整しようというものだ。減衰力のみをアクティブ制御するという意味で、セミアクティブと呼ばれる。すでにザックスやオーリンズがこの電子制御サスペンションを投入しているが、今回、ショーワもこの分野に進出。後発とはいえ、ストロークセンサーを装備し、さらに独自のソレノイドバルブでダイレクト制御することで、応答性にすぐれたものとなっているという。

2018年モデル Ninja ZX-10R SE KECS
左側フロントフォークのトップから出ているワイヤーが、ストロークセンサーからの電気信号をECUに伝える。姿勢変化をよりダイレクトに正確に検知できることが、緻密な制御に貢献している
2018年モデル Ninja ZX-10R SE バランスフリーフォーク
ベースとなったフロントフォークは、すでにZX-10Rにも採用されているバランスフリーフォーク。バランスフリータイプの秀逸性を損なうことなく、セミアクティブ制御されているのだ
SHOWA EERA
EICMA2017のショーワのブースでは今年、カワサキからNinja ZX-10R SEが発表されたことを見計らって、KERS【ショーワではEERA(イーラ)と名付けている】が初公開された
SHOWA EERA
イーラバランスフリー・ダンピングフォークの基本構造はバランスフリーフロントフォーク。アジャスターが設けられる部分に、電気信号で作動するソレノイドバルブが設けられている
SHOWA EERA
左側フロントフォークにストロークセンサーを内蔵する。量産車の場合、レーサーのように機械式センサーを外部に装着すると、飛び石などの影響で破損してしまう恐れもある
SHOWA バランスフリーリヤクッションライト
リヤショックのベースは、バランスフリーリヤクッションライト。下側の黒い筒状のものが、ストロークセンサーである。やはりアジャスター部にソレノイドバルブが設けられる

Ninja ZX-10R SE(2018)の主なスペック

全長×全幅×全高 2,085×740×1,145(mm)
軸間距離 1,440mm
シート高 835mm
車両重量 208kg
エンジン 水冷4ストロークDOHC 4バルブ並列4気筒・998cm3
ボア×ストローク 76.0×55.0(mm)
最高出力 147.1kW(200ps)/13,000rpm
最大トルク 113.5N・m(11.6kgf・m)/11,500rpm
燃料タンク容量 17ℓ
タイヤサイズ (F)120/70ZR17 (R)190/55ZR17
価格 264万5,000円(税抜・ブライト価格 ※当時)
2019年モデルインプレッション記事

フレンドリーにして即、サーキット対応/Ninja ZX-10R SE

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
和歌山 利宏
和歌山 利宏

バイクジャーナリスト。バイクメーカーの元開発ライダーで、メカニズムからライディングまで、自身の経験にもとづいて幅広い知識を持つ。これまでに国内外問わず、車両のインプレッションも数多く行なっている。




人気記事





カワサキイチバン