2017 Z650 ワインディング試乗

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキバイクマガジンの編集部員がバイクを1,000km走らせて、道中のエピソードを交えながら、走りの能書きを垂れてしまおういうのがこの企画。今回選んだバイクはZ650。このモデル名を聞いて思い浮かぶのは、ザッパーこと1976年のZ650。はたしてザッパー性能は今も健在か?

受け継いだモデル名は軽快感がウリのZ650

2017年、現行ZシリーズにZ650が加わった。数年前なら「ちょっと、Zという名前を付け過ぎじゃない?」と思うところだが、今となってはそんな気すら起きない。というのも、なにせモデル名の付け方が潔い。現在ラインナップされているモデルのうち、ZシリーズはZ1000、Z900、Z800、Z650、Z300、Z250/SL、Z125/プロで、最近ではニューモデルZ900RSも登場した。ここまでくると、Zと付くのが普通になるのか、それとも感覚がマヒするのか、冒頭に述べたような感覚はなくなる。それどころかZ900RSの噂を聞いた時は、そのモデル名からしてどんなモデルなのかと、ワクワクしてしまったほど。

現行Zシリーズのうち、70年代に発売されていた空冷Zと同じモデル名もあり、現行Z650は、1976年に発売が開始されたZ650と同じモデル名だ。後者のZ650は軽快な運動性能がウリだった。その機敏な性能から“風を切り裂く”の意味を込めて“ザッパー”の愛称が付けられた。それだけに現行Z650も、ザッパーのごとく軽快な乗り味なのだろうと期待が高まる。その乗り味を、群馬県の赤城山、榛名山、妙義山をめぐるツーリングで試してきた。

なんといってもここがポイント

2017 Z650 ここがポイント
軽さはZ650の大きな武器だ! この軽さのおかげでコーナリングがかなり軽快で、ライディングするのがメチャクチャ楽しい。取りまわしを含めて、バイクを操ることにストレスは皆無だ。車両重量が軽いことに加え、体感重量もかなり軽い。マスの集中の効果で、車両重量以上の軽さを感じる。で、写真は一体何をやっているのか。車両の軽さをアピールするために、バイクを寝かせて両手放しした体に預けているところ。この状態でも余裕の表情

この企画“ザ・1,000km”は1日500km、2日間で1,000kmを走る。この長距離を走るとなると、ツアラーのような疲れないバイクだとロケがとても楽になる。

Z650はというと、スーパーネイキッドのカテゴリーに入るので、スプリンター的な一瞬のパフォーマンスを楽しむイメージが先行して、長距離を快適に走れるようなモデルではないのでは…? この企画で乗る前は、そのようなイメージを持っていた。

見た目もアグレッシブで、ライディングポジションはさぞかし特殊なのだろうと想像していたが、跨ってすぐにそんな想像は吹き飛んでしまった。エンジンが2気筒なので、シート下からニーグリップ位置にかけての車幅がとても狭く、足を真下方向に下ろすことができる。たとえれば、跳び箱にまたがるか、平均台にまたがるかの違い。Z650は平均台で、しかもシート高が低いので足着きがとてもいい。

グリップ位置も想像より高く、ゼファーやZRXといったクラシカルネイキッドのようなアップライトなライディングポジションに近い。特殊なライディングポジションどころか、乗りなれた自分のバイクでないにもかかわらず違和感がまったくないのだ。これから始まる短期ロングツーリングに向け少し気持ちが楽になり、Z650を群馬に向けて走らせた。

ヘッドライト照射性
2017 Z650 ヘッドライト照射性(ロー)
ロー
2017 Z650 ヘッドライト照射性(ハイ)
ハイ

ヘッドライドはコンパクトながら、ローでも手前から前方まで前後に関しては広範囲を照らして、明るさは十分。ハイにするとローの照射に加え、左右の照射範囲が加わるイメージだ。とくに手前左右はかなり明るくなる。もちろん、より遠くも照らすようになる

メーター視認性
2017 Z650 メーター(昼間)
2017 Z650 メーター(夜間)

このメーターはめずらしい。タコメーターはアナログ風に文字盤がレイアウトされているのだけれど、針は液晶表示となっていて、500rpmきざみで表示されている。斬新なメーターだけれど、液晶かアナログか、どちらかに絞ったほうがいいのでは、といった印象だ

テールランプの発光
2017 Z650 テールランプの発光
2017 Z650 テールランプの発光(ブレーキランプ点灯時)

テールランプが“Z”の文字に光る。Z800などにも採用されているカワサキの遊び心だ。でもブレーキランプが点灯するとZではなくなってしまうのが残念。同様のテールランプを採用したニンジャ650の発光がZだったら…、と心配になったが、こちらはXパターンなので一安心 ※右がブレーキランプ点灯時

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン