カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

ZEPHYR1100 by ノジマエンジニアリング

徹底的なカスタムによりゼファーのイメージを一新

ZRX1100 by ノジマエンジニアリング

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキバイクマガジンvol.126掲載記事(2017年6月1日発売)
夏目健司

ノジマエンジニアリングのモノショック化プラン“NJサービス”はZRXのほかにゼファー1100(NJ-4)、ゼファー750(NJ-6)にも対応している。このNJ-4はもともとカスタムされた固体にさらにモディファイを加えた仕様だ。

堂々としたスタイリングに隠された圧倒的な走行性能

NJシリーズの一つ、NJ‐4はゼファー1100がベースとなる。重量車ではありながら、モノショック化によるトラクション性能の向上とセッティング範囲の拡大で、ゼファー1100とは思えないほどの快適な乗り味が実現する。

この車両はオーナーの手により、もともとひと通りカスタムされていたそうで、その状態をベースにNJサービスを敢行した。ゼファーらしいスタイルを維持しつつ、フロント17インチ化、セパレートハンドル化などでスポーティな走りを求めている。リヤショックにはオーリンズを使用しており、スイングアームはNJサービス専用のウィリー製。ツインショックのアッパーマウントにはリヤショックのリザーバー、プリロードアジャスターを配置した。ホイールはゲイルスピードのタイプGP1SMだ。フロントフォークはオーリンズで、ウィリー製のフォークボトムを装着。またブラケットもウィリー製となっている。

マフラーはφ38・1mm〜φ42・7mmのパイプを用いつつ、センター集合とすることで深いバンク角も確保。もちろん排気効率の向上、軽量化といった効果ももたらされた。

エンジンカバーやステップはウィリーのビレットパーツで、外装類にはゼファーカスタムで定評のあるしゃぼん玉製のカーボンパーツを導入。燃料タンクはビーター製で、軽量化に大きく貢献している。


  • ZRX1100 by ノジマエンジニアリング
  • ウィリー製ビレットパーツ
    車体の各部にウィリー製のビレットパーツが導入されている。ライトステーもウィリー製で、ライトまわりに高級感を演出。LEDウィンカーがクールだ
  • フロント
    ウィリー製のブラケットでオーリンズをフィッティング。ハンドルはセパレートに変更し、ブレーキ、クラッチマスターはゲイルスピードのラジアルとする
  • オリジナルカラーリング
    オリジナルのカラーリングで個性を主張。タンクはビーターのアルミで、サイドカバー、テールカウル、フロントフェンダーはしゃぼん玉のカーボンを使用する
  • アクティブ大型オイルクーラー
    ラウンドタイプのアクティブ大型オイルクーラーに変更して油音を徹底管理。オイルクーラー上部にはモリワキのプラグクーラーがのぞいている
  • モノショック化
    モノショック化されたリヤまわり。スイングアームはウィリーの専用品で、リヤショックはオーリンズを使用する。ホイールはゲイルスピード・タイプGP1SM
  • モノショック化
    リンクを介することでプログレッシブ効果がもたらされ、路面追従性、トラクション性能は飛躍的に向上。セッティング幅も大幅に拡大し、走りの限界が高まった
  • 4-1フルチタンマフラー
    センター集合とすることでバンク角の確保をねらった4-1フルチタンマフラー。集合部はスパイラルコレクターで、サイレンサーはウィリーとのコラボ仕様だ
問い合わせノジマエンジニアリング
住所三重県鈴鹿市住吉町7265-7
電話番号059-378-3505
Webサイトhttp://www.nojima-japan.co.jp
夏目健司

フリーの記者です。ニュースを追い求め右往左往、五里霧中、支離滅裂な日々を過ごしつつ、たまーにバイクに乗ったり。
http://natsuken.cocolog-nifty.com/blog/





人気記事





カワサキイチバン