カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

Z125 PRO by ドレミコレクション

名車の雰囲気を現行モデルで味わう

Z125 PRO by ドレミコレクション

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキバイクマガジンvol.126掲載記事(2017年6月1日発売)

長く提案してきたネオクラシックスの世界

ゼファーシリーズにZ2イメージの外装を装着したZ2スタイルや、Z400FX/750FXイメージの外装を装着したFXスタイルなど、これまでドレミコレクションは絶版名車イメージのオリジナル外装を現行モデルに採用する手法を提案してきた。その提案はネオクラシックスという名のもと、車種を増やして現在も進行中だ。

ここで紹介するZ125プロもネオクラシックスの手法のもとカスタムされている。このZ125プロは2017年の東京モーターサイクルショーで同社のブースにて展示されていた車両で、装着パーツや装着方法は試作のモノもあり、いわばコンセプトモデルといえる。

モチーフとしたモデルは言わずもがなGPZ900Rで、これまでドレミコレクションが打ち出していた“ミニンジャ”の流れをくむ。ミニンジャとは、KSR110にGPZ900Rイメージの外装を装着したカスタム車のことで、ネオクラシックスの一つだ。

ミニンジャの外装は、ベース車を加工することなく装着できることが一つの特徴だ。今回の車両はミニンジャの外装を装着したことに加え、マフラー、ハンドル、ステップをアフターパーツに交換したタイプとなっている。

このミニンジャやZ2スタイル、FXスタイルには名車のスタイルを気軽に楽しんでほしい、というドレミコレクションの想いが込められている。


  • Z125 PRO by ドレミコレクション
  • Z125 PRO by ドレミコレクション
    タンクはダミータンクで、タンクカバーをかぶせている。タンクカバーからテールカウルまでは一体式であり、素材はFRPを使用している
  • Z125 PRO by ドレミコレクション
    ミニンジャの外装はボルトオンで装着されている。アッパーカウルは、フレームにボルト止めした専用アッパーカウルステーを介して取り付けている
  • Z125 PRO by ドレミコレクション
    フロントフェンダーもミニンジャの外装の一つだ。この車両は、ペイント済みの外装を装着していて、他にライムグリーンなどのペイントもオーダー可能
  • Z125 PRO by ドレミコレクション
    ミラーは同社がラインナップしているGPZ900R初期型ミラーレプリカを採用。数タイプあるGPZ900Rのミラーのうち、初期型タイプをイメージしたモノだ
  • Z125 PRO by ドレミコレクション
    ハンドルはハリケーンのバーハンドルに交換。アッパーカウルを装着していても、ご覧のようにハンドルの切れ角は大きい。メーターはノーマルのままとしている
  • Z125 PRO by ドレミコレクション
    このZ125プロは、ミニンジャの外装以外にも、いくつかのパーツがアフターパーツに交換されている。ステップはKファクトリーのモノに交換
  • Z125 PRO by ドレミコレクション
    マフラーはKファクトリーのフルエキゾーストを採用する。素材はステンレスで、エキゾーストパイプとサイレンサーが一体式となっていて耐久性が向上している
問い合わせドレミコレクション(本社)
住所岡山県倉敷市広江1-2-22
電話番号086-456-4004
Webサイトhttps://www.doremi-co.com
装着パーツhttps://shop.doremi-co.com/neo-classics/category-24/z125/







カワサキイチバン