1982Z400GP

性能至上主義のイズムが存分に注ぎ込まれ、空冷4発ミドルが熱かった80年代前半に輝く。

名車列伝

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

Photo by Daisuke Takeda

70年代後半から80年代前半にかけて、空冷400㏄クラス4気筒モデルで、メーカー間で熾烈なパフォーマンス競争が繰り広げられた。そのまっただ中で、高い走行性能を持って生まれ、レースでライバルたちを一蹴したのがZ400GPだった。

空冷ミドルカテゴリーは、戦国時代ともいえる世界に突入

カワサキがミドルクラスの世界に送り込んだZ400FXは、爆発的な人気を獲得し大ヒットを記録した。その人気は79年の発売後、数年経っても衰えることなく、81年には東京モーターショーにてカスタム仕様車が展示されるほど。このときも、横に並んだ750ターボやZ750GPと同時に話題を呼ぶ。その後、いったんはラインナップから消えるも、ファンの支持は厚く、ふたたびラインナップに追加されるほど人気が高かった。

ただし、このような状況をライバルたちが黙って見ているわけがなかった。同クラスに次々とニューモデルが投入されてくる。そのなかでも、強烈なライバルとなったのが、ホンダが放ったCBX400Fである。CBX400Fは高い性能を誇示し、発売と同時に記録的な販売台数をマーク。こうして空冷ミドルのカテゴリーは、戦国時代ともいえる世界に突入していった。

続きを読む...

性能至上主義のイズムが存分に注ぎ込まれ、輝きを放ったZ400GP

この間カワサキは、このクラスにおいてZ400FXだけをリリースしているだけではなかった。80年には、Z400Jをリリース。そして82年、さらに走行性能を上げるべく、新機能を存分に注ぎ込んだモデルをリリースする。そのモデルこそZ400GP。カワサキ量産車初採用となるユニ・トラックサスペンションや、イコライザーチューブを備えたエア/スプリング併用式のフロントフォーク、そしてエンジンの高圧縮化やキャブレター口径の大径化など、パワーユニットと車体ともに、Z400FXから大幅に変更を加えられて登場。ミドルクラスにおけるカワサキの威信作といえるモデルだった。

このように最高のパフォーマンスを求め続ける姿勢は、ライバルたちへの勝利という一つの結果を残す。Z400GPの発売が開始された82年、鈴鹿4時間耐久ロードレースで、Z400GPが優勝を飾ったのである。カワサキ社内チームのチーム38が持ち込んだZ400GPがそれで、神戸スーパースポーツのZ400GPも上位に食い込んだ。このときのエントリー台数はなんと194台。当然エントリー車両にはCBX400Fも含まれていた。

そして、性能の高さを誇示するかのように、のちに限定モデルも発売。ライムグリーンをまとったこの限定モデルには、Z1000Rと同様の段付きシートが装着され、オプションとして、オイルクーラーやビキニカウルも用意された。それだけに、この限定カラーモデルの人気は、より一層高まったのである。ただ、モデルチェンジが目まぐるしいスピードで繰り返されていたこの時代、後継機種となるモデル、GPz400が、早くもスタンバイしていたのであった。

新しいカワサキを予感させる多くの最新技術

多くの最新技術が投入されたZ400GP。なかでも注目したい機能が、ユニ・トラックサスペンションである。ルーツとなるZ400FXでは2本ショックだったのに対し、リンク式モノショックとなるこのサスペンションは、路面追従性やマスの集中化など、さらに走行性能を上げるため、多くの効果が求められたのだ。

一方のフロントサスペンションは、イコライザーチューブと呼ばれるチューブで左右フロントフォークを接続。内部の空気圧を左右均等にたもつことで、安定したコーナリング性能を追求した。フレームも高剛性としなやかさといった相反する要素を両立。軽量化もはたし、車体にコーナリング性アップの要素が詰め込まれた。

エンジンはZ400FXをベースとして、大幅に改良が加えられる。圧縮比は9.5から9.7へとアップ。キャブレターは、Z400FXのφ21mmからφ26mmへと大口径化された。さらにポート形状も加工され、最高出力はZ400FXの43psから5psアップをはたす。こうしてパワーユニットは格段にパフォーマンスがアップしたのである。

車体とエンジンともに、ベースモデルから大幅に改良が加えられたZ400GP。装備面に関しても、オイルランプやサイドスタンドランプなど、メーターに配されたインジケーターランプの項目に一つでも異常が発生すると、警告表示が作動するシステムを採用した。走行性能と装備ともに、新しいカワサキを予感させるマシンだった。

Z400GPが発売になった1982年(昭和57年)の出来事

東京都羽田空港沖で日本航空機が滑走路手前の海上に墜落。乗客24人が死亡、149人が重軽傷/東京都にあるホテル・ニュージャパンから火災が発生。死者33人、重軽傷者29人/中曽根康弘を内閣総理大臣に任命/500円硬貨の発行が開始/東北、上越新幹線が、それぞれ盛岡、新潟まで開通/主な流行語「ほとんど病気」「そこんとこ、よろしく」/主な公開映画「レイダース/失われたアーク」

とじる


  • Z400GPにはルーツを同じくする上位機種、Z550GPが存在するが、両者は似て非なるもの。フレーム・エンジンにしても、Z400GPは軽量・ハイパワーを求めて、専用設計とされた
  • Z400FXとZ400Jとは、まったく異なるスタイリングとされた。ルーツとなる前モデルまでは、テールカウルとサイドカバーが独立し、2本ショックが取り付けられていたが、Z400GPでは、タンクからテールカウルまで一体感を持たせたようなスタイリングを採用。リヤショックもモノショックとなり、よりスポーツ性をアピールしている
  • Z400FXとZ400Jとは、まったく異なるスタイリングとされた。ルーツとなる前モデルまでは、テールカウルとサイドカバーが独立し、2本ショックが取り付けられていたが、Z400GPでは、タンクからテールカウルまで一体感を持たせたようなスタイリングを採用。リヤショックもモノショックとなり、よりスポーツ性をアピールしている
  • フロントとリヤは角型のデザインが取り入れられた。このあたりも、ベースモデルと異なる点だ。テールランプ上には、ユニ・トラックサスペンションをアピールするかのように、“uni-trak”のロゴが配される。左右2本出しマフラーの集合方式は4‐2で、それまでのシルバーから、2層にクロームメッキし、ブラックへと変更。熱やキズへの対策を行なった
  • フロントとリヤは角型のデザインが取り入れられた。このあたりも、ベースモデルと異なる点だ。テールランプ上には、ユニ・トラックサスペンションをアピールするかのように、“uni-trak”のロゴが配される。左右2本出しマフラーの集合方式は4‐2で、それまでのシルバーから、2層にクロームメッキし、ブラックへと変更。熱やキズへの対策を行なった
  • Z400FXとZ400Jまでは丸型ヘッドライトが採用されていたが、Z400GPでは角型ヘッドライトに変更される。バルブはハイ/ローが60/55Wのタイプ。ウインカーも角型となり全体のイメージを統一
  • シートはミドルクラスながら重厚感あふれるタイプとなっている。ライダー着座部からタンデマー部までフラットなタイプだが、ライムグリーン限定車では段付きシートが採用される
  • サイドカバーやシートと一体感を持つタンク。左右上側にはエッジが効かせられる。また、負圧式オートフューエルコックを採用し、オフにしなくても燃料が流れ出ない機能が採用される
  • この時代の他のモデル同様、センタースタンドが標準装備される。シートレール左側には、センタースタンドをかける際に使用するバーを設置。その後方にはヘルメットホルダーを装備
  • エンジンは高圧縮型ピストンやハイカムシャフト、ビッグバルブなど、スポーツ走行を意識した仕様となっている。サイレントカムチェーンも採用
  • ブラックに塗装されたジュラルミン製ハンドルはセパレートタイプ。ただし、現在のスーパースポーツとは異なり、アップタイプとなっている
  • 左右フロントフォークをイコライザーチューブで連結。このチューブはアッパーブラケット下のフロントフォーク上部に装着される
  • ディスクは、この時代カワサキが積極的に採用していた、不等ピッチ孔ディスクローターが使用される。ホイールは19インチアルミキャストホイール
  • アナログ2連メーターの間に燃料計やサイドスタンドなどの警告表示が液晶で表示。また、各種インジケーターランプなど多彩な表示が配される
  • ダウンチューブにはオイルクーラーが装着できるように、プレートを装備。ライムグリーン限定車では、オイルクーラーがオプションで用意されていた
  • このトラスタイプのスイングアームはZ400GPならではの機能。トラス部には、ユニ・トラックサスペンション上部に配置されたリンクがマウント
  • 今もその名が受け継がれるユニ・トラックサスペンション。量産車として初めて採用されたのがZ400GP。リンクが上部にレイアウトされる
  • リヤにも不等ピッチ孔ローターを採用。1ポットキャリパーが組み合わされる。このディスクとメタルパッドは、カワサキモデルのパターンだった
  • スイッチボックスは、80年代前半のモデルらしく大型のタイプが採用される。また、バイクの常時点灯が義務付けられていなかった時代だけに、右スイッチにはヘッドライトのオン/オフも装備
  • スイッチボックスは、80年代前半のモデルらしく大型のタイプが採用される。また、バイクの常時点灯が義務付けられていなかった時代だけに、右スイッチにはヘッドライトのオン/オフも装備
  • Z400GPの発売が開始された時代は、現在よりセンタースタンドが標準装備されている車両が多かった。それらの車両同様、Z400GPもセンタースタンドが標準装備される






カワサキイチバン