ページを共有

ヨシムラ

カワサキケアモデル

一部モデルに用意された、安心して乗り続けられるよう手厚く愛車を点検してもらえるサービス

最近、カワサキ車の新車紹介時に「“カワサキケア”モデルとなっている」といった説明が加わるモデルが存在する。具体的にはZ H2やNinja 1000SX、Z900、MEGURO K3の4車種がそれに該当するのだが、そもそもカワサキケアとは一体何だろう?

通常、カワサキ車を新車で購入すると、法で定められた定期点検(法定点検)と、メーカーが指定する点検を受けるよう定められている。

メンテナンスサイクルは、法定の定期点検だと基本的に1年ごとに行なうよう定められている。通常は1年定期点検といわれるが、36ヶ月目、60ヶ月目はとくに2年定期点検となる。ただし125㏄以下だと法定ではなく法に準じた定期点検とされる。

うちカワサキが指定する定期点検は購入から6ヶ月ごとにメーカー指定の点検を受けるよう定められている。251㏄以上だと新車購入から36ヶ月目、60ヶ月目には車検が加わる。

そのなかでカワサキ車は、最初の購入から1ヶ月目または走行距離が1,000㎞に達した際、購入したカワサキ正規取扱店で無料での点検を行なってくれる。なお最初の点検時には購入時に受け取るメンテナンスノートが必須。ない場合には有料点検となる、または点検そのものが受けられないこともある。

以上がカワサキの新車購入時、通常行なうべき点検となるが、カワサキケアは全国のカワサキプラザにて1ヶ月目の点検時、12ヶ月目の12ヶ月点検時、そして24ヶ月目の12ヶ月点検時の3回の定期点検が無償となり、その3回ともオイル交換料金(純正オイルS4(SG10-40)、オイルフィルター、純正ドレンガスケットとOリング含む)が含まれるという内容となっている。

ただし点検の結果、消耗により交換が必要と判定された消耗品・油脂類の実費、交換工賃はカワサキケアの有無にかかわらず必要になるので、その点はご注意いただきたい。

オーナーが強く意識しなくても良コンディション維持を期待できるのがカワサキケアだ

カワサキケアには3回分のオイル交換料金と、最初の購入から1ヶ月目にカワサキ全車が行なう無料定期点検料金を除く、2回分の定期点検代が含まれる。毎回行なうべき点検時に意外と負担になるオイル代が含まれるのは安心できる要素となるだろう。

エンジンオイルとはバイクのコンディション維持のため、距離を走ろうとそうでなかろうと、つねにフレッシュな状態を維持したいモノの一つ。カワサキケア対象車であれば、それを強く意識することなくエンジンをグッドコンディションでキープできる車両、ということでもある。現状では4車種のみラインナップとなるが、今後ラインナップが拡充することも期待したいところだ。

なおカワサキケアの詳細については全国のカワサキプラザに問い合わせいただきたい。

カワサキケアモデル ラインナップ

2021年モデル Z H2
Z H2
2021年モデル Ninja 1000SX
Ninja 1000SX
2021年モデル Z900
Z900
2021年モデル MEGURO K3
MEGURO K3

※2020年12月現在

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン