製品紹介

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノやサービスを紹介

ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車

ページを共有

多くのライダーの話題になっているNinja ZX-25Rだが、注目しているのはライダーだけではない。多くのアフターパーツメーカーも注目しているマシンである。このNinja ZX-25Rをもっと楽しく、もっとカッコよく、もっと快適にするためのパーツを開発しリリースしているのだ! すでにオーナーになっている者だけでなく、購入を検討している者も刮目せよ!!

Ninja ZX-25Rで走るのがもっと楽しくなる、ストライカーこだわりのフルエキゾースト

新旧・排気量を問わず、さまざまな車両に対してパーツをリリースしているストライカー。その主力商品はなんといってもマフラーだ。ストリートリーガルを守りつつ、軽量かつ、より走るのが楽しくなる出力特性を追求して開発され、多くのカスタム派ライダーの支持を集めている。

新しくNinja ZX-25Rが登場し、開発をするかどうかで悩んだという。純正マフラーの構造上、スリップオンは作れず、フルエキゾーストになる。当然価格はスリップオンよりも高くなり、車体価格も考慮に入れると“はたして売れるのだろうか?”となったから。しかしNinja ZX-25Rを購入、もしくは購入を検討しているユーザーに話を聞くと“いいモノなら欲しい!”という声が多く、開発に踏み切ったという。

開発するにあたって、もっともこだわったのは“低中回転域の扱いやすさ”だ。250㏄並列4気筒は並列2気筒より低回転域のトルクが細い。そこに扱いづらさを感じるライダーも少なくない。そこをしっかりとカバーしつつ、ワインディングで高回転域まで気持ちよく伸びる特性をねらったのだ。加えて重量面でも並列2気筒よりも重くなる並列4気筒であることも加味したという。

その結果が、素材にフルチタンをチョイス。ステンレスよりも価格は上がるが、より軽さを求めての採用。集合方式は低中回転域のトルクが有利になる4-2-1に、そして高回転域の伸びなども考慮してエキゾーストパイプをコニカルヘッダーとし、さらに1番と2番、3番と4番を接続するバイパスも加えた。サイレンサーはスタイルも考慮した異形断面をチョイス。

撮影するにあたって、自走で撮影ポイントまで移動。車体を起こすときに、フルチタンになったことの軽さを体感。スポーツ派ライダーでなくとも、この恩恵は十分プラスになる要素だ。加えて低回転域のトルクが太くなり、ノーマルマフラーと比べて発進に気をつかう必要がないのはありがたい。また街乗りではノーマルマフラーだと1万rpmくらいをキープしたいところだが、この車両は8000rpmも回せば十分。もちろんアクセルを全開にして高回転まで回せば、スムーズに吹け上がり、鋭い加速を味わえた。

Ninja ZX-25Rでスポーツライディングを楽しむ人だけでなく、街乗りやツーリングメインのオーナーにも注目してほしい1本だ。もっと走りたくなるぞ!

ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 バーエンド
スリットが入り、端部に“STRIKER”のロゴが入るバーエンド。ベースウエイトがステンレスで、エンドキャップがジュラコンになる。Ninja ZX-25R専用品ではなく汎用品。価格は左右セットで6,050円
ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 ラジエターコアガード
ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 ラジエターコアガード

走行中、フロントタイヤが巻き上げる小石や、飛来する物体でラジエターが破損することも。そのリスクを低減させるためのラジエターコアガードだ。センターとサイドで、目の細かさが違い“STRIKER”のロゴが入る。1万7600円
ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 フロントアクスルスライダー
ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 フレームスライダー
ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 リヤアクスルスライダー

万一転倒した際、極力車体がダメージを受けないようにする各種スライダー類が装着されている。ガードスライダーは標準仕様(写真)・オールブラック仕様・カーボンコンポジット仕様から選択可能(1万4,300〜2万7,500円)。アクスルスライダーフロントは1万780円で、リヤはベースがブラック・シルバーから選択でき、価格は7,150〜7,700円になる
ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 バックステップキット
ストライカー Ninja ZX-25Rカスタム車 バックステップキット

ストライカーの主力商品のひとつであるステップキットも当然Ninja ZX-25R用が用意される。純正オプションクイックシフター・STDシフターなしに対応。4ポジションのマルチポジションタイプだ。別売りのパーツで逆シフトにも対応。基本はブラックだが、プラス1万3,200円でカラーオーダーすることができる。2月下旬から3月中旬にリリース予定で、価格は6万500円

※価格はすべて税込み

問い合わせカラーズインターナショナル
電話番号045-949-1345
WEBサイトhttps://www.striker.co.jp
吉田 朋

アンダー400(クレタパブリッシング)編集長。本誌編集を手がけるようになりカワサキ・ニンジャ250SLを購入。そのローンも終わり、次の獲物としてヤマハ・セロー250を3年ローンで購入した。ほかゼファー750も所有
https://www.crete.co.jp/u4/




人気記事





カワサキイチバン