製品紹介

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノやサービスを紹介

トリックスター Ninja ZX-25Rカスタム車

ページを共有

多くのライダーの話題になっているNinja ZX-25Rだが、注目しているのはライダーだけではない。多くのアフターパーツメーカーも注目しているマシンである。このNinja ZX-25Rをもっと楽しく、もっとカッコよく、もっと快適にするためのパーツを開発しリリースしているのだ! すでにオーナーになっている者だけでなく、購入を検討している者も刮目せよ!!

トリックスター自慢の“イカヅチサウンド”が、Ninja ZX-25Rで走る喜びをよりかき立てる

世界耐久選手権をはじめとする国内外のレースに積極的に参戦するトリックスター。アジア選手権でも活動するなど、250㏄クラスの可能性をつねに探り続けるパーツメーカーだ。

Ninja ZX-25Rに向け、同社は“イカヅチエキゾースト”をはじめとする多様なパーツをリリース。レースで得られたノウハウを惜しみなく投入しつつ、品質はもちろん、スタイルも徹底的に追求。さらなる性能の獲得のみならず、気品さえも漂っている。

同社が世界耐久選手権で走らせるマシンの技術を投入し、高性能&高品質を誇るイカヅチエキゾーストは、その開発において同社の代表で、なおかつライダーとして数々の実績をもつ鶴田竜二氏や、アジア選手権チャンピオンの山本剛大氏がテストを担当。パワーは4㎰アップし、とくに1万rpm以上の伸びは目を見張るものがある。もちろんトルクもしっかりとキープしており、扱いやすさも光っている。重量も4.5㎏と軽量に仕上げられており、車重の軽量化にも貢献。サイレンサーは写真の焼きチタンタイプの他にブラック、ステンレス、焼きステンレスを用意し、多様なスタイルに対応する。

その性能と同様に注目したいのが音質で、イカヅチサイレンサー特有の太い排気音が奏でられ、高回転域では並列4気筒らしい高い音質へと変化。とはいえその音は決して軽いものではなく、芯のある重厚なものだ。もちろんJMCA認証を受けているので、ストリートでも何の気兼ねなく“イカヅチサウンド”を楽しむことができるのだ。なおレース対応タイプもあり、こちらはロングサイレンサーに加え、ショートサイレンサーも使用できる。

トリックスター Ninja ZX-25Rカスタム車 イカヅチサイレンサー
独創的な形状のイカヅチサイレンサー。重厚なサウンドを奏で、バイクに乗る喜びをよりかき立てる。写真の焼きチタンの他にブラックエディションや、ステンレス、焼きステンレスが選択可。価格:19万5,800〜23万9,800円

マフラーの他にもステップやレバーガード、ローダウンリンクといったアイテムをラインナップ。フレームスライダーはオーソドックスなラウンドタイプに加え、スタイリッシュな異径断面タイプなど、合計3種類を取りそろえる。また、カウル中央に配置されるエアインテーク用のメッシュパネルも開発。トリックスターのロゴがさり気なく配置され、スタイリッシュなアピアランスを作り上げる。

同社は今後も多様な製品を開発していくとのこと。最新情報は同社ホームページをチェックしてほしい。

※価格はすべて税込み

問い合わせトリックスターR&D
電話番号052-908-1486
WEBサイトhttps://www.trickstar.jp
夏目健司

東海地区で雑誌の取材業務に携わる。社会ネタから街ネタ、スポーツ取材と、どんな現場にも駆けつけます。
http://natsuken.cocolog-nifty.com/blog/




人気記事





カワサキイチバン