製品情報PR

メーカーの理念と美学が詰まった、逸品モノを紹介

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

ページを共有

シートまわりの改良で乗り心地と操作性を向上

ライダーとバイクが接する部分は、バイクの乗り心地に大きく影響する。たとえば、ハンドルとステップの位置が少し違うだけで、操作性だけでなく腕や足の疲労がだいぶ異なる。また、シートの形状や質が違うと、長距離乗った時などにお尻が痛くなったり、逆にその痛みが解消したりする。そのため、操作性や快適性を求めるなら、ライダーとバイクが接する箇所は非常に重要なポイントとなってくるのだ。

ルイモトというメーカーをご存じだろうか。主にバイク用シートカバーを製造しているカナダのパーツメーカーで、バイクの乗り心地をアップさせるために、シートまわりの製品を製造している。シートのカスタムというといくつかの手法が挙げられるが、手軽にカスタムできるのがシートカバーの装着だ。ルイモトのシートカバーはノーマルシートにかぶせて裏面をタッカーで止めるタイプで、バイクやシートの形状に合わせてシートデザイナが一点一点ハンドメイドで製作している。快適性に大きく貢献するほか、高級感あるデザインなのでドレスアップ効果も期待できる。

LUIMOTO SEAT COVER

『シートカバー』2,700円〜5万4,000円(税8%込)

Ninja ZX-6R(19-)

2019年モデルのNinja ZX-6Rに対応するシートカバー3モデルが追加ラインナップ。3モデルそれぞれ、ステッチのカラーがライムグリーン、ブラック、ブルーから選択が可能で、スウェード素材を使用したフロントシートカバーや、ダイヤモンド状に縫製された見た目が高級感溢れるデザインなどがうれしい仕様だ。

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー) Ninja ZX-6R

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー) Ninja ZX-6R

Z1000(14-19)

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

Ninja H2(15-19)

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

Z900RS CAFE(18-19)

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

Ninja 1000(17-19)

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

Ninja ZX-10R(16-19)

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

Ninja 400/250

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

Ninja ZX-14R(12-19)

LUIMOTO GRIPPER(シートカバー)

LUIMOTO GOLD GEL

シートの快適性をアップするためにルイモトは、シートカバー以外にも『ゴールドゲル』というゲルマットもラインナップしている。ゴールドゲルは単なるやわらかい素材ではなく高反発特性を備えた素材を使用しており、衝撃を吸収して分散させることでライダーの疲労を低減する効果をねらっている。シートのウレタンを加工してゲルマットを埋め込むタイプで、シート高や外観に大きな影響はない。さらに、シートカバーとウレタンの間に付属のフォームライナーシートを使用することで、ゲルマットとウレタンの段差や境目を目立たなくすることもできる。

LUIMOTO GOLD GEL

『ゴールドゲル』フロントシート用/1万3,500円(税8%込) リヤシート用/1万500円(税8%込) 大型シート用/2万2,500円(税8%込)

LUIMOTO TANK LEAF

シートのほか、シートまわりでライダーとバイクが接する箇所がニーグリップ部分だ。ホールド性とグリップ力はバイクの操作性に大きくかかわるというもの。ルイモトからは、そのホールド性とグリップ力の向上をねらってグリップパッドの『タンクリーフ』もラインナップされている。バイクへの装着は3M両面テープが使用されており、簡単に取り付けることができる。

『タンクリーフ』タンクプロテクター/5,400円(税8%込) ニーグリップパッド/1万2,200円〜2万300円(税8%込) フルキット/1万6,200円〜2万3,700円(税8%込)

Z900RS CAFE(18-19)

LUIMOTO TANK LEAF

Ninja ZX-6R(09-19)

LUIMOTO TANK LEAF

LUIMOTO TANK LEAF

ここまで紹介したシートカバー、タンクリーフは国内4メーカー、外車の非常に多くの車種にラインナップされ、ゴールドゲルは汎用品となっている。シートカバーとタンクリーフはカワサキ車に関して、Z900RS、ニンジャ250、ZX-6R/10Rなどのロードスポーツモデル用を中心にラインナップされている。これらの製品は、快適性と操作性を向上させることに、手間をかけずにひと役買ってくれることだろう。

問い合わせモトサロン
電話番号0748-71-2880
Webサイトhttp://www.motosalon-oka-webshop.com



人気記事





カワサキイチバン