ページを共有

ヨシムラ

2022年モデル Z900RS SE

8月16日、Kawasaki Motors Europeはかつての名車Z1で採用された“イエローボール”カラーを採用し、オーリンズ製リヤショック、ブレンボ製ブレーキキャリパーとブレーキローター、ニッシン製ラジアルブレーキマスターを純正採用するZ900RS SEが2022年シーズンに発売されると発表した。

φ41mm倒立式フロントフォークには標準的なセッティングに改良を加え、サスペンションの全行程における前後バランスを最適化。リヤショックはプリロードアジャスター付きオーリンズ製S46とし、すぐれたグリップ感とハンドリングを追求した。

ブレーキキャリパーとブレーキローターはともにブレンボ製となる。ローターはφ300mmで、M4.32ラジアルマウント式モノブロックキャリパーとの組み合わせとなる。マスターシリンダーは小径化されたニッシン製ラジアルポンプマスターシリンダー(標準モデルのφ19.1mmからφ17.5mmに変更)を採用。ステンレス製ブレーキホースを介してブレーキを作動させることで、制動力を高めながらもリニアなレバー操作を可能としている。

Z900RS SEの外観は、モデルロゴの“RS”の文字をレッドで仕上げたサイドカバーに加えて、ブラックアルマイト処理されたラジエターサイドカバーとFIカバー、ゴールドカラーのホイールを装備し、さらに差別化が図られているのも特徴だ。そして“イエローボール”と呼ばれるカラーリングは、熱心なZ1ファンのみならず、レトロスポーツの世界で活躍する多くのライダーの心を捉えることだろう。

記事執筆時点では正確な発売時期や価格などは未公開だ。

1973年 Z1 イエローボール
1973年モデル 900 SUPER4/Z1
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン