2021年新型Ninja ZX-10RR ジョナサン・レイ

ページを共有

ヨシムラ

11月23日公開予定のニューモデルはこれなのか!? 憶測を生む新型10R!

レースの2020年シーズンは終わったばかりだが、2021年シーズンに向かって各種テストをスタートさせている。カワサキはスーパーバイク世界選手権のウインターテストをスペインのヘレス・デ・ラ・フロンテーラにて実施。そこで登場したのが新型のNinja ZX-10RRだ。カーボンカウルでウインカーなどが装着されていないクローズドコース走行仕様となっているが、おそらく市販車バージョンと同様となるであろう。この新型カウルだが、フロント付近のダウンフォースを積極的に得るための空力を考慮した結果と思われる。またサイドカウルの形状も異なっているので、カウルの大部分は新設計されたのだろう。

2021年新型Ninja ZX-10RR フロントカウル
2021年新型Ninja ZX-10RR フロントカウル
2021年新型Ninja ZX-10RR フロントカウル

大きく張り出し、鋭角的なヘッドライトまわりを採用する新型フロントカウル。正面中央がおそらくラムエア導風口。ライト外側にもダクトが見えるので、そこから風をカウル内に導入して冷却に寄与させたり、空気抵抗を減らすことを意図したのだろう。風を積極的に逃がすというよりある程度意図的に抵抗を生み出し、その抵抗でダウンフォース効果を得るようにも思える
2021年新型Ninja ZX-10RR アレックス・ロウズ
2020年型Ninja ZX-10RR

完全に同じアングルがないので断言はできないが、場合によってはタンク形状も含めて外装はフルモデルチェンジされているのかもしれない。もちろん新型はテスト用外装にすぎない可能性もあり得るが、いずれにしても2021年モデルがどう進化するのかは注目だ

カワサキレーシングから発表されたコメントには“いくつかのエキサイティングな開発パーツと2021シーズンへの最初の技術ステップを備えたNinja ZX-10RR”とあるので、さらなる変更点があるのかもしれないが、現時点では不明だ。

テストを行なったジョナサン・レイ選手は次のように述べている。

「2021年に向けて、KHIから送られてきたテストプランの一部として、いくつかのアイテムを使って作業を始めました。いつものように情報を収集し、いろいろなことを試しました。フロントフェアリングを変えてカワサキにフィードバックしたり、エンジンのフィーリングを変えたり、フロントフォークを変えたり、ブレーキを変えたり、ピレリのフロントタイヤを変えたり。

今日は古いタイヤで多くの周回数を記録しました。新品のタイヤでは超高速を出したことはありませんが、タイヤで周回数を重ねるごとに速くなっていきました。それはいい問題だと思います。プラス面とマイナス面があったので、今来週(に行なわれるアラゴンでのテスト)に向けてさらに頑張りたいと思います」

ジョナサン・レイ

アレックス・ロウズは次のように述べている。

「初日の最初のセッションの後に、いくつかのテストを行なったので、2日目の午前中はこのテストに集中しました。午後には、新しいフェアリングの初体験を含め、2021のパーツを使って走りました。それはとてもよかったし、見た目もとてもいいです。

今日は全体的にとてもポジティブな日だった。まだまだ作業を続けなければならないが、今日は良い一日だった。来年の新シーズンに向けて、何がよくて何が悪いのかを評価することが重要だからね。」

アレックス・ロウズ

詳細に関しては11月23日(火曜)15時(CET、日本時間だと同日23時)にカワサキモータースのYouTubeチャンネルから発表される予定だ。

2021年新型Ninja ZX-10RR ジョナサン・レイ
2021年新型Ninja ZX-10RR アレックス・ロウズ

Jonathan Rea with 2021 KRT Ninja ZX-10RR #FaceYourself 2020.11.23

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/



人気記事





カワサキイチバン