Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング

ページを共有

ヨシムラ

発売から12日ながらNinja ZX-25Rは33台参加。納車待ちを含めれば総勢100名以上の大所帯に

2020年のバイク界の話題をさらっているNinja ZX-25R。9月10日から全国で発売を開始しているが、9月22日(火祝)にレーシングプロショップのウィズミープロフェッショナルレーシング(以下、ウィズミーと略)が主催する走行会にて、急きょNinja ZX-25Rオーナーズミーティングが開催された。

当初は車両の発売開始から間もないことから参加台数は少数にとどまるのでは、という予想もあったが、参加者は急増。当日は33台のNinja ZX-25Rが来場することになった。また今回は納車待ちや購入検討中の人たちも参加者として含まれていたので、Ninja ZX-25R以外も含めると結構な規模に。ただ、もともとはNinja ZX-25Rオーナーズミーティング用として筑波サーキットを押さえていたわけではなく、二輪・四輪合同の走行会だったものの、Ninja ZX-25Rの駐車スペース確保のため、申し訳ないことに二輪の走行会参加者が少し割を食う形になってしまっていた…。

ミーティングは14時スタートということになっていたが、11時30分からミーティング会場は解放。そして続々と集合するNinja ZX-25R。参加車両のほとんどはNinja ZX-25R SEで、最終的にはスタンダードモデルは2台のみ。あとはすべてNinja ZX-25R SE、あるいはNinja ZX-25R SE KRTエディションとなっていた。参加者に話を聞くと「どうせ購入するならSEのほうを考えていた」という声も多かったが、今回以降のミーティングで、この辺りの勢力図がどうなっていくのかも楽しみだ。

Ninja ZX-25R SE KRTエディション
一番人気はNinja ZX-25R SE KRTエディション。話を聞いた範囲ではスタンダードモデルとSEとで悩んだりせず、最初からSE購入を考えていた人が多かった印象だ
豊田ナンバー
新潟ナンバー

関東近郊のナンバーが多かったが、なかにはこんな猛者たちも。一気に慣らし運転を終わらせるにも最適!? 

さて、ミーティングは主に協力メーカーによるブース出展、ブース出展者とウィズミー・丸山 浩会長や神永 暁社長とのトークショー、ブース出展者からの協賛品を賭けたじゃんけん大会、Ninja ZX-25Rデモ走行、サーキット体験走行会といったプログラムが用意されていた。

ブース出展としては、トリックスター、ナッツベリープランニング、ジャム、和光ケミカルがブース出展に協力。いずれもNinja ZX-25Rに適したパーツや用品を展示し、参加者たちの関心を引いていた。まだ現状ではNinja ZX-25Rに装着可能な汎用品が中心だったが、いずれ専用設計品も増えていくことだろう。

Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング トリックスターブース
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング トリックスターブース
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング トリックスターブース IKAZUCHI
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング トリックスターブース ダウン・ショートタイプ

トリックスターは適合確認が取れたスライダーやラジエターコアガードなどの汎用品のほか、Ninja ZX-25R用イカズチ(IKAZUCHI)マフラーを装着展示。注目は今までにないダウン・ショートタイプ!(写真最後)
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング スナイパーブース
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング スナイパーブース
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング スナイパーブース
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング スナイパーブース

“スナイパー”ブランドを展開するナッツベリープランニングはエーテックとヨシムラ、そしてカワサキの協力を得て製作したカスタムNinja ZX-25Rが最注目! 早くもステップなども発売中だ
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング ジャムブース
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング ジャムブース

ラピッドバイクやヴォスナーピストンの輸入販売元として知られるジャムは現在ウィズミーと連携してフルパワー52ps化を目指すラピッドバイクのキットを開発中。早ければ10月中にデリバリーできそう!?
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング 和光ケミカルブース
和光ケミカルは高回転型エンジンに適したエンジンオイル、新車の輝きを長く維持できるバリアスコートなどを展示。ちなみにバリアスコートは少し前に改良され、保護性能が高くなったのでお勧めとのこと

また、汎用品以外にも早くも各パーツメーカーによりNinja ZX-25R用パーツが開発しており、そのデモンストレーションとして装着車両によるデモ走行も行なわれてた。なおデモ走行にはフルノーマルのNinja ZX-25Rも用意されていたが、よく見るとチュートリアル・福田さんの姿も!?

トリックスター代表の鶴田竜二氏と、同チームでアジアロードレース選手戦250㏄クラスの初代チャンピオン・山本剛大選手
トリックスター代表の鶴田竜二氏と、同チームでアジアロードレース選手戦250㏄クラスの初代チャンピオン・山本剛大選手
トリックスター代表の鶴田竜二氏と、同チームでアジアロードレース選手戦250㏄クラスの初代チャンピオン・山本剛大選手

写真1枚目左側がトリックスター代表の鶴田竜二氏で、右側は同チームでアジアロードレース選手戦250㏄クラスの初代チャンピオン・山本剛大選手。両名とも同社IKAZUCHI装着車両でのデモ走行を行なった。慣らしも終わっているのか全開走行で排気サウンドをアピール!
ウィズミー・丸山 浩会長と神永 暁社長もスナイパーのデモ車などを試乗
ウィズミー・丸山 浩会長と神永 暁社長もスナイパーのデモ車などを試乗

ウィズミー・丸山 浩会長(写真1枚目)と神永 暁代表もスナイパーのデモ車などを試乗。なおこのスナイパー車両、当日朝まで総走行距離12㎞! なので抑えめなデモ走行となっていたのだ。とはいえヨシムラ管はなかなかの迫力で観客の関心を集めていた
チュートリアル・福田さん
チュートリアル・福田さんとウィズミー・丸山 浩会長

あれ? フルノーマルが走っていると思っていたら、チュートリアル・福田さん! そのほかモトブロガーたちも招待され、この日はNinja ZX-25Rの走りを楽しんでいたのだ。そのあたりは各自、YouTubeなどを検索しよう

各プログラムが用意されていたとはいえ、オーナーズミーティングとはオーナー同士の親睦を深めるのが主目的。あたり前だが全員、車両を購入して1ヶ月以下であり、お互いに面識があるわけでなかったためか、最初のうちはお互いを遠巻きに見ているような状態だったが、徐々に緊張もほぐれてきたのか初対面同士で話をしている姿も見られた。

Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング ブース出展
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング ブース出展

基本的に各種プログラムはあったが参加は自由。ブースを回って気になるパーツを質問したり、写真を撮ったり、オーナー同士で話したりといった具合に、オーナーたちは思い思いの時間を過ごしていた

今回だけでも納車待ち・購入予定車も含めれば優に100名を超える参加者がいただけに、次回のオーナーズミーティングが開催されれば、より大規模になるはず。オーナーズクラブ設立の動きもありそうだし、Ninja ZX-25Rのムーブメントには今後期待したいところだ。

なおウィズミー主催のNinja ZX-25Rオーナーズミーティングとしては、10月18日(日)に名阪スポーツランドでの開催も予定している。関西方面のオーナーはそちらにまず参加してみては?

Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング 筑波サーキット・コース2000周回体験
Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング 筑波サーキット・コース2000周回体験

今回は筑波サーキットの走行会を利用したミーティングとなったので、ミーティング最後には特典(?)としてNinja ZX-25Rオーナーと、納車待ち&購入予定車たちのうち希望者は筑波サーキット・コース2000を周回体験も

参加者の声

Ninja ZX-25R SE KRT EDITION/矢後尚文(59歳)

Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング 参加者の声

Z900RSをメインバイクに、CBR250RRをセカンドバイクとして所有していたが、そのCBRを手放して購入。予約が始まったという話を聞き、すぐに注文して15日に納車となったそうだ。「パワーがありそうでクイックシフターが標準装備ということで決めました。まだ走行距離は230㎞ですが、乗りやすく作られているなと感じます。オートシフターなのでギヤチェンジ時に回転数を微調整してくれるところとか。今後はサーキット仕様にして楽しむつもりです」

Ninja ZX-25R オートシフター
お気に入りは購入動機でもあったオートシフター。「あると非常に便利だし、乗りやすさが格段に高まっていると感じます」
Ninja ZX-25R SE/鈴木健太郎(29歳)

Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング 参加者の声

なんと当日朝に納車しての登場という鈴木さん。「今までスーパースポーツ系を乗り継いできたのですが、バイクにパワーを求めないのがよくわかったので600㏄モデルから乗り替えました。250㏄並列4気筒モデルは初めてですが、重くないし取りまわしなどもしやすく、出力もアクセルワークに素直についてくる感じで扱いやすいですね。ただ、ちょっとゆったりしたポジションが個人的にシックリこないので、ステップなどを交換したいかなぁ」

Ninja ZX-25R エンジン
やはり250㏄並列4気筒の素直さがお気に入り。「少し横幅があるのが気になりますが、出力的にはアクセルワークに従順だしクイックシフター装備で乗りやすいです」
Ninja ZX-25R SE/りき(33歳)

Ninja ZX-25Rオーナーズミーティング 参加者の声

まだ慣らし中という人が多いなか、すでに1,485㎞を走破しているりきさん。サーキット用としてCBR250RRを購入するつもりが、ショップからのお誘い(?)があり、購入を決意。「出力が二次曲線的といいますか、低中回転のトルクにちょっと物足りなさはありますげと、高回転域の滑らかなパワー感が気持ちいいですね。個人的にはシート高が低くて広いので、足つきはいいものの乗っているときに少し体格に合ってないので、その点修正していきたいです」

Ninja ZX-25R スナイパー ステップ
スナイパーのステップとスタンドフックを装着している。「発売からすぐ購入しました。ステップは焦って取り付けたので、レバーが下過ぎました。修正しないと…」
問い合わせウィズミープロフェッショナルレーシング
URLhttps://www.withme-racing.com



人気記事





カワサキイチバン