ページを共有

ヨシムラ

カワサキ車は新旧問わず、多数のマフラーやステップなどアフターパーツが豊富で、カスタム熱が非常に高い。Ninja ZX-25Rに関しても多数のパーツ展開が見込まれている。そこで車両販売を前に、各社の展望を聞いてみた。今回はカラーズインターナショナルだ。

カラーズインターナショナル
※画像はイメージ

機能&見た目+αのパーツを提案予定

“ストライカー”ブランドから、カワサキ車のマフラーやステップを多数リリースしているカラーズインターナショナル。カワサキから新型モデルがリリースされるごとに新 辰朗代表は注目しているというが、Ninja ZX-25Rの発表にも非常に期待をしているとのこと。

「私だけではなく一般ライダーからもNinja ZX-25Rの注目度は非常に高いですね。これだけ高性能のバイクなので、価格設定がとても高くなるのではと思われていましたが、予想よりも抑えられていました。
ただ、高額だから年齢層も比例して高くなるかというと、そうとは限らないと思います。最近だと若いユーザーが”スーパースポーツがカッコいいから”と高額な車両を購入するケースもあるように、車両のスタイルを気に入って若いユーザー層も購入する人が多いのではないでしょうか。そういった幅広い年齢構成のユーザー層をイメージしています」

Ninja ZX-25Rを購入するユーザーはおそらく若い人も多い。その前提で同社は今後、Ninja ZX-25R用各種カスタムパーツを提案していく予定だとか。

「近年のカワサキだと5年くらいは継続するのではと思っています。カスタムシーンでも息の長いモデルになると思われますので、できるだけいろんな提案を行なって、ストリートでもサーキットでも楽しめるようにしていきたいと考えています」

同社の現時点での構想は以下のとおりだ。

  • 政府認証/JMCA認定マフラー
  • ワンメイクレース対応レーシングマフラー
  • ステップキット ストリート/レース
  • ガードスライダー
  • アクスルスライダー
  • ラジエターコアガード
  • フェンダーレスキット
  • カーボンリヤフェンダー

同社が得意とするマフラーやステップはもちん、近年ではライトユーザーにも人気が高いスライダー類、そして外装パーツも構想中。

「ここには挙げていませんが、Z900RS用などに設定しているGストライカースイングアームなども試作してみて、反応を見てみたいと考えています。
というのも、最近は昔からするとユーザーのこだわりのポイントが変化してきているようにも感じるからです。昔は性能一辺倒で、たとえばマフラーだと1psでも0.1kgf・mでも数値の高いほうが偉いという風潮がありましたが、今だと見た目はもちろん重要で、さらにシステムとかギミックが期待できるモノが喜ばれています。その代表的なパーツが当社だとクロモリ製アクスルシャフトだったり、Gストライカースイングアームのチェーン引きですね。
今のユーザーたちは本当によく調べていて、いいモノだと納得したので装着したい、という人が多くなりました。そういう市場も盛り上がっていますので“250㏄クラスだからスイングアーム交換まではいかないだろう”ではなく、Ninja ZX-25Rの可能性をより高めるパーツをいろいろと提案していきたい。もちろん、提案する以上はできるだけ早く提供できるようにしていきたいと考えています」

カスタムパーツメーカーに聞くNinja ZX-25Rパーツの展望 ‐ カラーズインターナショナル
カスタムパーツメーカーに聞くNinja ZX-25Rパーツの展望 ‐ カラーズインターナショナル
カスタムパーツメーカーに聞くNinja ZX-25Rパーツの展望 ‐ カラーズインターナショナル

こちらにある画像データは同社による合成で、同社の各種マフラーとステップ、フェンダーレスキッドの装着イメージ。できるだけ早急に製品として完成させ、いろんなユーザーにカスタムの提案をしていきたいとのことだ
問い合わせカラーズインターナショナル
TEL045-949-1345
URLhttps://www.striker.co.jp



人気記事





カワサキイチバン