[PR] YOSHIMURA

2019年モデル W800

カワサキは2016年モデルを最後に生産を中止していたW800を、新たにW800 STREET/W800 CAFEとしてリリースすることをEICMA 2018にて発表した。

新しくなったW800には、STREETとCAFEという2つのバリエーションモデルが設定されている。

STREETはブラックに塗装されたエンジンや、アップライトポジションのハンドルバー、タックロールシートを装備しており、比較的シンプルな構成でまとめられているのに対し、CAFEはカウルの付いたヘッドライトやコンチハンドル、シングルシート風のカフェシートなど、カフェレーサー風のカスタムスタイルを演出したモデルとなる。

全体的に見て見ると、外観はそれほど変わってないように見受けられるが、エンジンは欧州の排ガス規制であるユーロ4に対応し、スタイリングや技術的な変更点は約9割に上ると言う。

W800 エンジン比較
左が2019年モデルのW800 STREET、右が2016年モデル

Wシリーズのアイデンティティーともいえる、空冷バーチカルツインエンジンの美しい外観は継承しつつ、クラッチにはアシスト&スリッパークラッチを新たに採用。250cc以上のモデルで採用が進んでいるこの機構は、シフトダウン時のホッピングやスリップを低減するとともに、操作性が軽くなることで、ライダーの負担を軽減してくれる。

シャシーは完全新設計となり、強化されたブレーキシステムにはABSが装備されている。タイヤは従来の前19インチ/後18インチから、前後18インチに変更され、よりスポーティなハンドリングを実現していると言う。

ほかW800の主な特徴は以下のリリース文を参考に。両バリエーション共に、2019年春以降に国内販売が予定されているが、今のところ価格や発売日等の詳細は不明となっている。

W800の主な特徴(リリースより)

エンジン
美しい外観を持つ空冷バーチカルツインエンジン カムシャフトをべベルギヤとシャフトにより駆動するレイアウトがクラシカルな造形美を感じさせる、空冷4ストローク773㎤SOHC4バルブバーチカルツインエンジンを搭載。360°クランクと77.0mm×83.0mmのボア×ストロークを持つエンジンは、低中速回転域における力強いトルクと、独特の鼓動感を生み出す。また、O2センサーの追加、触媒容量の変更により、欧州の排出ガス規制であるユーロ4規制をクリア。
排気音にこだわったマフラー 360°クランクのエンジンが生み出す、鼓動感のある乾いたサウンドを引き出すマフラーを装備。また、スリムなチャンバーと長いテールパイプを持つサイレンサーは、「W800 STREET/W800 CAFE」が持つクラシカルなデザインを強調。
アシスト&スリッパークラッチの採用 シフトダウン時に起こる後輪のホッピングやスリップを低減するアシスト&スリッパークラッチを装備。クラッチレバーのより軽い操作感も実現しています。
車体・デザイン
先進解析技術を用いた新設計ダブルクレードルフレーム
新設計のフレームは、先進解析技術を用いて各部の剛性を最適化。パイプの外径を変えずにパイプの厚さを調整し、特に高速走行時の安定性を向上。また、フレームのバックボーンには角形断面材を使用しながら、ダウンチューブを丸型パイプとし「W800」らしいレトロな外観を維持。そのほか、ガセットとブラケットの使用を最小限にとどめることで、軽量化や、品質の高さを感じさせるデザインを実現。
スポーティさを高めた前後18インチのホイール 前輪19インチ、後輪18インチの組み合せだった従来の「W800」に対し、「W800 STREET/W800 CAFE」は、双方に18インチホイールを採用。よりスポーティなハンドリングを実現。
時代を超越した美しさを醸すデザイン フューエルインジェクションユニットを巧みに隠した空冷バーチカルツインエンジン、溶接とガセットを最小限にとどめたフレーム、大径ホイール、従来モデルより存在感を高めたフューエルタンクなどが独自のルックスを体現。
レトロスタイルのメーター類 独立式スピードメーター、タコメーターおよびスイッチ類は、レトロな外観と現代的なパフォーマンスを両立。また、メーター内には液晶パネルを装備。

2019年モデル W800 STREET

2019年モデル W800 CAFE

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URL https://www.kawasaki-motors.com/mc



人気記事





カワサキイチバン