[PR] YOSHIMURA

カワサキが2019年モデルのNinja H2およびNinja H2 Carbonのリリースを踏まえ、開発リーダーとなる市 聡顕(いちさとあき)氏と、テストライダーの山下 繁(やましたしげる)氏のインタビュー動画を公開した。

動画では2019年モデルの開発に当たり変更を加えた点やその考え方をそれぞれの視点から解説しているが、動画の後半(4:40〜)では2019年モデルの新たな試みとなる、カワサキ初のスマートフォン接続機能について、軽くではあるが触れられているのでここではそれを紹介しよう。

2019年モデルのNinja H2/Ninja H2 Carbonでは、TFT液晶を採用したインストゥルメントパネルが新装備されている。そのインストゥルメントパネルとスマートフォンが接続し、車両の情報を送信したり、スマートフォン側のGPSにより位置情報を記録したり、さらにはインストゥルメントパネルの一般設定を行なうといったことが、この機能の概要である。

スマートフォンとの接続方法は、Bluetoothによる無線通信で、カワサキから提供される専用アプリ“RIDEOLOGY THE APP”を介してすべての操作を行なうとのことだ。提供される主な機能は以下のとおりだが、注目はライディングログ機能で、スマートフォンのみで取るログとは比べ物にならないほどの詳細な情報を記録することができ、バイクライフの幅が広がる魅力的な機能と言えるだろう。まだアプリも公開されておらず、リリース情報のみの段階だが、今後さまざまな車種に展開されていくことを期待したいところだ。

主な機能

車両情報 燃料残量計、走行距離計、保守スケジュールなどの情報をアプリで確認
ライディングログ GPSルート情報と車両走行情報をスマートフォン経由で記録・確認
着信通知 スマートフォンが通話またはメールを受信すると、インストゥルメントパネルに表示
一般設定 インストゥルメントパネルの表示設定(優先ユニット、日付、日付形式など)をスマートフォンで設定可能
RIDEOLOGY THE APP
スマートフォンに接続するための専用アプリ“RIDEOLOGY THE APP”
2019年モデル Ninja H2 スマートフォン接続機能
車両情報がアプリにアップロードされると、アプリ上でその情報が閲覧可能となる。閲覧可能な情報は、走行距離(オドメーター)、トリップメーター(A・B)、合計走行時間、平均燃費、平均速度、最大傾斜角(右/左)、バッテリー、カワサキサービスリマインダ、オイル交換リマインダなど
2019年モデル Ninja H2 スマートフォン接続機能
GPS情報や車両走行情報などの詳細なライディングログをスマートフォン経由で記録。乗車中は、車速、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル位置、ブレーキ効力(フロント)、加減速、現在の走行距離、水温、油圧、油温などを追跡する。ライディングログが保存されると、ライダーはルート沿いの任意のポイントでグラフィックス表示でこれらを確認できる。またアプリでは、ルート移動距離、総距離、合計時間、平均燃費、平均速度、最大傾斜角(右/左)などの情報を含む乗車記録を表示することができる。いずれの表示モードでも、表示項目とその優先順が変更可能

TFT液晶を採用した新インストゥルメントパネル

2019年モデル Ninja H2 Carbon
2019年モデル Ninja H2 Carbonのハンドルおよびメーターまわり。メーターは背景色の選択機能や画面の自動調光機能を備える

ちなみに2019年モデルのNinja H2 Carbonは国内販売は予定されているものの、発売日や価格等の詳細はまだ正式に発表されていない。(Ninja H2に関してはアナウンスもなし) いつ発表されるのか、そしてどんな内容なのかは不明だが、販売台数が限られているのは十分予想されるので、気になる人は最寄りの販売店にあらかじめ相談しておくことをオススメする。

問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URL https://www.kawasaki-motors.com/mc



人気記事





カワサキイチバン