[PR] YOSHIMURA

※画像引用:Kawasaki | The Toughest Choice

The Toughest Choice

すでにその登場は昨年より公言されており、かねてよりティーザーサイトが展開されているNinja 125とZ125。同モデルの詳細は、10月2日(火)から開催するインターモト2018(一般公開は3日より)にて発表するとのことだが、ひと足先にティーザーサイトにはオフィシャルフォトなどの一部情報が11日より公開されている。

公開されている情報によると、外観はほぼNinja 250SLとZ250SLを継承したものとなっており、各種数値を見る限りでも車体は共通化されているように見て取れる。また、カラーリングはNinja 125がスポーティーなKRT仕様で、Z125はZ650で展開されているような緑色のフレームに白い外装が与えられており、どちらもファミリーの一翼を担うそつの無い印象と言えるだろう。

カワサキは欧州のA1ライセンス(排気量125cc以下&出力11kW以下)で乗ることが可能な125ccクラスにフォーカスし、ブランドである「Ninja」と「Z」の空白に当てはめ、Ninja 125とZ125を市場投入する模様だ。カワサキの125ccモデルといえば、日本ではKLX125とD-TRACKER 125がラインナップしていたが、生産終了となった今ではZ125 PROのみとなってしまっている。今回発表される2台が、日本に導入されるかどうかは今のところ定かではないが、経済的に魅力のあるクラスだけに十分その可能性は考えられると言えるだろう。


Ninja 125

2019 Ninja 125

最大出力 11.0kW(15PS)
全長x全幅x全高 1,935×685×1,075mm
タイヤサイズ 100/80-17M/C 52S
130/70-17M/C 62S
シート高 785mm

Z125

2019 Z125

最大出力 11.0kW(15PS)
全長x全幅x全高 1,935×740×1,015mm
タイヤサイズ 100/80-17M/C 52S
130/70-17M/C 62S
シート高 815mm






カワサキイチバン