[PR] YOSHIMURA

全日本ロードレース選手権最終戦で実施されたモリワキエンジニアリングによる空冷Z系モデルのパレードラン
※写真は、昨年の全日本ロードレース選手権最終戦で実施されたモリワキエンジニアリングによる空冷Z系モデルのパレードランです

鈴鹿サーキットフルコースを愛車で走れる、パレードランも開催!

関西圏を中心に活動しているカワサキZ系オーナーズクラブ「関西Z会」が、全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦と併催して、決勝が開催される11月4日(日)に、鈴鹿サーキットにてミーティングを開催する。ミーティングは鈴鹿サーキットの協力を得て開催され、鈴鹿サーキットフルコースをパレードランしたり、GPスクエアに車両を展示したりする企画が用意されている。そこで関西Z会ではこのミーティングに先立ち、ミーティング参加者を募集している。以下に募集要項を掲載するので、参加対象車両に該当する車両オーナーはぜひチェックしてほしい。

ミーティング名

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦併催 カワサキ絶版車 歴代Z&ゼファーのオーナーズミーティング

開催日時

2018年11月4日(日)午前7時〜午後4時30分

開催場所

鈴鹿サーキット・グランドスタンド裏GPスクエア広場

開催協力

鈴鹿サーキット

開催内容

  • グランドスタンド裏GPスクエア広場にて、参加者の歴代のZとゼファーを展示
  • 全日本ロードレースのカワサキ車での出場チームを応援
  • 決勝レース開催日の昼のインターバルの時間午後12時35分から午後1時15分の間にイベント参加者車両で鈴鹿サーキットフルコースを1周のパレードラン。その後グランドスタンド裏GPスクエア広場にもどり車両展示
全日本ロードレース選手権最終戦で実施されたモリワキエンジニアリングによる空冷Z系モデルの車両展示
※写真は、昨年の全日本ロードレース選手権最終戦で実施されたモリワキエンジニアリングによる空冷Z系モデルの車両展示です

※パレードランは、ゆっくりとしたパレード走行ではあるが、サーキットコースを走行するため、長そで・長ズボンを着用し、バイクに乗るのに適したグローブ・シューズ・ヘルメットの装備が必要となる

参加対象車種

  • Z2・Z1・Z750FOUR(D1)・Z1000Jなど、通称丸タンクの空冷Z系モデル
  • Z1R・Z1000R・Z1000MkⅡ・Z750GP・Z750FXなど、通称角タンクの空冷Z系モデル
  • ゼファー400/χ・ゼファー750/RS・ゼファー1100/RS

※上記車種で参加券を持っていても、ヘッドライトの位置やシートなど、車両の全高が大幅に改造されている車両や、消音機のないマフラーを取り付けている車両、半キャップなど大型2輪用として認められていないヘルメットの方は入場を断っている。

参加費用

1人1台につき 3,000円 (11月3日(土)・4日(日)開催の全日本ロードレース2日間の観戦券付き・遊園地パスポート付き1日のみ)

同伴者

大人(中学生以上)1人 3,000円
小学生1人 2,800円
3歳以上小学生未満1人 1,800円

申し込み方法

参加希望の人は、直接メールにて9月10日(月)までに申し込みのうえ、会費については9月末日までに入金とのこと。入金確認後、10月中旬ごろ、鈴鹿サーキットの入場チケット及び参加券を郵送または直接手渡される。各団体、クラブ、グループでのお申し込みの場合は、それぞれの代表者でまとめて申し込みとのこと

[個人の場合]名前(ハンドルネームでの参加も可能だが、入金の際も同じ名前で振り込む必要がある)、住所(チケットの送付先)、参加車種、同乗者あり・なし。

[団体・クラブ・グループの場合]各団体・クラブ・グループ名、人数、代表者名(ご入金のお名前と同じ)住所(チケット送付先)参加車両、同乗者人数 ※入金の際、振込手数料は自身の負担となる。

なお、当日は天気が雨の場合でも、中止や延期はないので、参加費支払い後のキャンセル並びに返金は不可となっている。

関西Z会

問い合わせ関西Z会代表 幾田晃弘
メールowner@artwks.jp
関西Z会フェイスブックhttps://www.facebook.com/groups/684935731567365/
ミクシーhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=2982708&from=home_joined_community






カワサキイチバン