2016 Z125(BR125G) 試乗インプレッション

ページを共有

[PR] YOSHIMURA

カワサキのスーパーネイキッドシリーズの呼称であるZを冠した最軽量モデルとして登場したZ125/PRO。前後12インチのミニバイクがZを名乗ることに意外な気もしたが、その走りはZの名に恥じないものであった。

楽しく遊べて使えるバイクだ

Z125には手動クラッチ仕様のPROも用意されるが、ここで試乗したモデルは自動遠心クラッチ仕様のZ125だ。俗に言うノークラッチモデルで、前後輪径は12インチ。空冷エンジンはシリンダーがほぼ横置きで、よくある典型的なミニバイクと見るのが自然である。

ところが観察すると、スタイリングがZらしいし、車体の作りも上質である。バックボーンフレームにはツインスパー風カバーがかぶせられるものの、しっかりとした剛性を期待させるし、フロントフォークは倒立のテレスコピックで、リヤのモノショックはプリロード調整機構付きだ。

乗ってみると、実によく走るのである。エンジンはレッドゾーン開始の9,500rpmまで淀みなく回り、4速までシフトレバーを踏み込んでいくと、難なく100km/hに達する。その速度域での安定性も申し分なく、不安感がない。

前後12インチということもあろうが、コーナーではよく曲がる。よく曲がっても、下手をすれば、不安定で怖い思いをしなくてはならないところだが、まったくそんなことはなく、楽しい。これならシティコミューターにも持ってこいである。

そればかりか、8の字ターンをして遊んでみると、この自動遠心クラッチは、止まるような速度からでもスロットルワークにうまく同調して、車体を意のままに前に進めてくれる。使えて、遊べて、いい練習にもなる一台だ。

2016 Z125(BR125G)
シュラウドやアンダーカウルも先鋭的なイメージを放ち、Zらしい。前後12インチで、ホイールベースも他のZと比べると25cm以上も短いから、やはりサイズ的にはミニである
2016 Z125(BR125G) 前後
フロントビューは、鋭い形状のヘッドライトやシュラウドがZシリーズらしいアグレッシブイメージを放つ。またテールは、Zの文字をモチーフしたLEDライトを装備する
2016 Z125(BR125G) エンジン
2016 Z125(BR125G) エンジン

エンジンは、空冷のSOHC2バルブ。燃料噴射式で、エアボックス容量は2.6ℓと大きく、インジェクターをロングノーズタイプとする。セルフスターター式で、始動を容易にするためデコンプが装備される

2016 Z125(BR125G) ハンドル
一文字に近いハンドルを採用した兄貴分のモデルと異なり、Z125は極端なまでのアップハンドルを採用する。燃料タンクはシュラウドとのマッチングで形状もアグレッシブ

Z125 PRO

Z125シリーズには、試乗モデルの自動遠心クラッチを採用したタイプと、マニュアルクラッチを採用したZ125プロがラインナップされる。Z125とZ125プロはクラッチ方式以外の機能に大きな差はない。この欄で紹介しているのはZ125プロで、国内にはシルバーとグリーンがラインナップされている。4段切り替え式で、ギヤのパターンは下から1-N-2-3-4となっている。ペダルは中大排気量モデル同様のリンク式で、軽い操作を可能としている。

2016 Z125 PRO(BR125H)
125ccといった小排気量でありながら、存在感のあるフォルムを取り入れたZ125プロ。鋭角的なスーパーネイキッドZのイメージを継承したスタイリングとなっている

主なスペック

車名 Z125
型式 BR125G
全長×全幅×全高 1,700×750×1,005(mm)
軸間距離 1,175mm
シート高 780mm
車両重量 101kg
エンジン 空冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒・124cm3
ボア×ストローク 56.0×50.6(mm)
最高出力 7.1kw(9.75ps)/8,000rpm
最大トルク 9.6N・m(0.98kgf・m)/6,000rpm
燃料タンク容量 7.4ℓ
タイヤサイズ (F)100/90-12 (R)120/70-12
問い合わせカワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URLhttps://www.kawasaki-motors.com/mc/
和歌山 利宏
和歌山 利宏

バイクジャーナリスト。バイクメーカーの元開発ライダーで、メカニズムからライディングまで、自身の経験にもとづいて幅広い知識を持つ。これまでに国内外問わず、車両のインプレッションも数多く行なっている。




人気記事





カワサキイチバン