カスタムマシン

創り手の想いがふんだんに盛り込まれた、カワサキ車ベースのカスタムマシンを紹介

Z1R by アニーズ

徹底的なカスタムで乗りやすさが格段に向上

Z1R by アニーズ

ページを共有

PR ヨシムラ

ブルーをまとい、シックに仕上げられたこのZ1R。カスタムしたのは空冷Zを長年カスタムしているアニーズだ。徹底した機能的カスタムをほどこしつつ、派手さを嫌い、なおかつZ1Rらしいたたずまいで仕上げている。エンジンは1,197cc化され、ポート加工、ビッグバルブ化。カムシャフトはウェブとしており、ハイパワー&トルクフルな特性に仕上げている。キャブレターはFCRをチョイスしており、マフラーは極太スチールパイプが特徴的なオリジナルエキゾースト、アニーズFe-Rを使用している。

Z1R by アニーズ

エンジンのパフォーマンスアップのみならず、足まわり、車体まわりにも徹底的に手を加えている。フロントフォークにオーリンズを採用し、ホイールはマグタンとした。スイングアームはアニーズオリジナルだ。17インチ化とディメンションの再構築により、Z1Rがもつ独特のクセはなくなり、現代のバイクのように自然なハンドリングがもたらされ、気軽に高性能を楽しむことができる。フレーム補強は14カ所。ブレーキはブレンボ+サンスターとなる。

理想的なスタイリングと走りを実現するために採用された多数のワンオフパーツもこの車両の大きな特徴といえる。Z1Rのアイコンでもあるビキニカウルは、再構築されたポジションに合わせ、ワンオフステーによって違和感のない位置にセットされた。もともとタンク下にあるイグニッションコイルもワンオフステーでキャブレター後方に移設され、放熱性、メンテナンス性が向上。キャッチタンクもワンオフとしている。


ギャラリー
  • Z1R by アニーズ
    ギルドデザイン製のトリプルツリーによって17インチホイールの適正なディメンションを構築。セパレートハンドルの位置にあわせてカウルステーをワンオフで製作しており、大幅にカスタムしていながらも、Z1Rらしい雰囲気はしっかりと残されている
  • Z1R by アニーズ オリジナルマフラー
    極太の中間パイプとショートなルックスが特徴的なマフラーはアニーズオリジナルのスチール管、Fe-Rだ。排気効率の向上はもちろん、ビッグバイクらしい野太い排気音を奏でてくれる。また車体にマッチョなイメージをも与えている
  • Z1R by アニーズ キャッチタンク
    エアクリーナーのキャンセルにともないキャッチタンクを増設した。こちらもワンオフで製作したパーツとなっていて、車体左側に配置している。サイドカバーを外すとすぐにアクセスできる位置とすることで、掃除等のメンテナンスにも配慮した
  • Z1R by アニーズ ウオタニSPⅡ
    点火系はウオタニSPⅡを採用する。イグニッションコイルはもともとタンクの下に位置しているが、エアクリーナーのキャンセルによって生まれたキャブレター後方のスペースに移設した。これによりコイルの放熱性とメンテナンス性が向上した
  • Z1R by アニーズ
    ギルドデザインのブラケットでオーリンズのフロントフォークをフィッティング。ブレーキはブレンボのキャリパーとサンスターのローターを組み合わせ、として制動力の強化とコントロール性の向上を狙う
  • Z1R by アニーズ
    スイングアームはアニーズのオリジナルに変更しており、180サイズのハイグリップタイヤの強力なグリップをがっちりと受け止めてくれる。リヤショックはフロント同様オーリンズをチョイスしており、スクーデリアオクムラチューンを実施している
  • Z1R by アニーズ リヤホイール
    リヤホイールをワイド化すると、チェーンカバーを外さなければならないが、この車両はカバーをカットすることでチェーンラインのクリアランスを確保している。タンデムステップはオフ車用のものを流用し、フレームにダイレクトマウントする
問い合わせアニーズ
住所愛知県名古屋市西区上橋町44
電話番号052-504-1319
Webサイトhttp://annys.cc

PR




人気記事





カワサキイチバン